ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2015年9月23日水曜日

水星逆行中にお引っ越しで人生カオス状態な話っ!


こんにちは、あべです!

引っ越し真っ最中ーーー!!!

でございます(爆)。

18日のちょうどお昼頃、土星が蠍座から射手座に移動しました。

ほぼ同時期に、水星が逆行開始!

的なー。的な、的な・・・。

なんのーこっちゃ???

ついに頭がおかしくなったか??(すでにおかしいが・笑)

いえ、つまりですね、引っ越しで現在わたくしの人生がカオス状態なわけでございます。

(部屋がカオスだけど、同時に生活もカオス的な・笑)

それがまさに水星逆行ぽいなっていうね。

土星様もいらっしゃったことですしね(私のアセンダントは射手座)。

ああー、今回の水星逆行はこれですね。この混沌ですねと。

で。

このとき越した家から、またもや引っ越しをしてしまったわけですがー・・・・・・。

しかもわずか1年と3か月で。

引っ越し貧乏とはまさに私のこと。私のニックネーム。いや、もう別名的な(別名もニックネームも一緒やって!また意味不明の一人ツッコミ・・・爆)。

通常、月盤効果は1年5か月のはずですが、今回は1年3か月だったのか・・・。

南西らしい節制生活にふと嫌気がさしてしまい。

ヴィンテージマンションで大地に近くて地味に堅実にーが気持ちよいと思ったのははるか昔。

最初は落ち着いてまったりしていいなーと思った部屋が、そのうち、無気力で何もする気になれないだらけ部屋へと変貌・・・(変貌っていうか取り方の違いだけか)。

だんだん汚れてきたからかも。

もうちょっと綺麗なマンションに住みたいー、このままじゃヤバイー、やる気プリーズ!ってな具合に。

もしやこれも南西×九紫火星の効果なのか!?

新築マンション、事務所から徒歩1分、間取りGOODな物件を見つけてですね。

おととい引っ越ししたよ。

きれい!あたらしい!うれしい!

まあ、その他のファクターもあるんですが、実はもう一つ大きかったのは、9月の大吉方位を取ったということですね。

以前は引っ越しは気学だけを見ていたのですが、最近の私はさまざまな方位術の合わせ技で勝負していまして、今回は気学にプラスして奇門遁甲の月盤、日盤、金函玉鏡の吉方位でお引越し。

効くよこれマジ・・・。

前回の(夫の)気学の同会西方位の引っ越しもやっぱかなり効いたな!って思うんですけど。

あれっ!?

何の話をしたかったんだっけか??

そうだ、土星の射手座入りと水星逆行の話だった。

今回は引っ越しでカオスな感じが水星逆行ぽいのと、引っ越しで昔の日記が出てきて過去振り返ってるのが水星逆行っぽいのと、こうやって過去ブログ並べてるのもある意味水星逆行か!(笑)

水星逆行しつこっ(笑い)。

で、あともう一つ、土星さんが射手座に移動した話ね。

土星が一時蠍座に戻っている間、私はストレスフリー!爽快~☆彡でしたが、戻ってこられている星座の人、すなわち牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座の人は、けっこう大変そうでした。

よくなったはずなのに、なんで!?って感じの方がたくさん。

やっぱり土星って、ぴったりな角度じゃなくても、サインに滞在している間は影響ばっちし出るんだなって、まわりを見てて思ったね。

もう完全に行ってしまったので、次に来るのは2020年末だから、しばらく大丈夫だよー。

あー、私はこれから2年間のおつきあいか・・・。頑張りまっす。

そういえば、金星が長らく逆行してたけど、これも9月7日に順行に戻ってましたね。

恋愛模様がこのころから変わってきた!という人は、金星順行の可能性ありますね。

そういえば友達も、金星逆行中大盛り上がりだった恋愛が、ふとトーンダウンしてテンション低くなってるな・・・。

そういう女子、2人いる。

恋愛はまとも方向、仕事やアポ、交通やコミュニケーションは混乱方向、双子座、射手座は試練方向、乙女座、魚座は吉凶混合方向、そんな感じの今日この頃でございますっ!

(てきとーなのは、引っ越し疲れでフラフラなところにワイン飲んじゃったからかもー。すまん・・・不真面目)

で、本当はこのブログで、8月中にアップしなくちゃだった「ホ・オポノポノ」の話と千葉英士先生の前回の治療会の体験話を書こうと思ってたんだけど、これちゃんと書くとまた更新が1週間延びそうだから、いったんここでアップする!

ほとんど中身のないブログでごめんよ。

ではまたね。

2015年9月18日金曜日

開運ツアーバリ報告その5 やっぱりスバトゥの滝はすごかった!

こんにちは、あべです!

いやー、淡島。

すごかったです。

やっぱり、呼ばれていたみたい・・・。

というか、呼ばれていた(いる)のはK女史のもよう。

鞍馬山で「(K女史が)サラスバティとのつながりを取り戻せるよう手伝え」と言われたのは、おそらく淡島神社の弁天様のことではないかと・・・。

鞍馬山での一件は過去ブログ参照のことー↓

鞍馬山は宇宙とつながる場所だった!

淡島神社でけっこう驚きの出来事があったのですが・・・。

メルマガもしくはこの次のブログで書きます。

こちらはいったんバリ開運旅行の最終回、行きますね!


にゃー。


にゃー、にゃー、にゃー。

お客様に「ねこはいいから!」と言われたのにまた載せる(笑)。

さて本日は、スバトゥの滝に行きまする。

スバトゥの滝とは、バリの有名なパワースポットで、バリ中から沐浴をしに人々が集まってくるめっちゃ神聖な滝場です。

私はこの滝が大好き。

というか、ここヤバイ。

本当に身が清められるというか・・・素の自分に還る。

本当の自分がうわーっと出てくる場所。自分にしかなれない場所というか・・・。

本当にクリアリングのパワーがすごい場所です。

本当3連発ですが(笑)。

ここは、エネルギー的に汚れていると、滝の水が黒くなったり黄色くなったり色がつくといわれていて、実際に川の水がグレーになっているのを目撃しました。

おもしろいところです・・・。


で。

神聖な場所に行きますので、バリの正装をします。

クバヤという上着、スレンダンという帯、そしてサロンを腰に巻く。


バグースジャティのスタッフに着付けてもらいます。


こんな感じー。


スバトゥの滝に行く前に、近くにあるグヌン・カウィ・スバトゥ寺院に立ち寄りました。


なむー。


スバトゥ寺院はヒンズー教の水の神様ビシュヌ神を祀ったお寺。

聖水が湧き出るお寺で、男女別にわかれた沐浴場もあります。


案内してくれるのは、バグースジャティのスタッフであり聖職についているブッダさん。

沐浴の仕方を教えてくれます。

顔を洗ってー、頭にかけてー、水を飲んでーって、確か何回ずつとか順番があったんだけど、忘れたー(爆)。

すいません・・・。


で、やってるところ。


入口とか・・・。


神様の像とか・・・。


鯉とか・・・。

そんな感じっ(てきとー・すんません・・・)。


で、ところ変わって・・・スバトゥの滝!

階段をどんどこみんなで降りていきます。


沐浴場はかなり下のほうにあって、バスを降りてからひたすら階段を下りていくのです。

ここはまだ途中・・・。


じゃん。

こちらがスバトゥの滝、沐浴場。


目の前にある祭壇で祈りをささげてから滝に入ります。


お供物をささげるブッダさん。

地べたに座り、お経らしきものをとなえ、祝福を受けて・・・。

いざ入滝!


じゃん。

実はこれ、私の写真ではないのですが・・・(爆)。

偶然、向こうで一緒になった仲良しのお客さまとそのお友だち。

スバトゥの滝すごいから一緒に行こうよ!ということでお誘いしての、女子4人での入滝となったわけですが。

私の写真がないので、許可をもらって掲載させていただきました。

でー、まずは細くて流れの強い滝に、ざぶっと頭から飛び込みます。

このときに、エネルギー体と肉体が滝によって浄化されていくのですが、エネルギー的に汚れてる人は、滝の水が黒くなる!

この方のお水はキレイなままですね。

見てると、本当に黒くなる人は黒くなるので面白いです。

私はというと・・・セーフ!

ブッダさんに「キレイ!キレイ!」と言っていただきました(笑)。

前回、入る前には「世のため人のため」と思っていたのが、滝に入ったとたん、「幸せになりたい!」という思いが突き上げてきて号泣ーーー。

もう、あの体験がすごすぎて、本当に本当に。

あんな、隠されていた自分でも気づかなかった想いがあふれて、泣けて泣けて仕方がなかった、まさかの体験からのー。

今回はどうなるだろうーー??とドキドキ。

入る前は、前回同様、般若心経を唱えていた。

滝に頭から突っ込み、まずは息ができる!よかった!

で、水音しかしない、すごいゴーゴー流れる水の中に自分しかいない、一種の静寂のなか、般若心経を唱えていると・・・。

いつの間にか祝詞(のりと)に変わっていた・・・。

「まがこと罪穢(けが)れを払いたまえ清めたまえと申すことのよしを、天津神国津神(あまつかみくにつかみ)やおろずの神だちともに天(あま)のふち駒の耳振り立てて・・・」

天津祝詞。

全部じゃなくて「まがこと罪穢(けが)れを払いたまえ清めたまえと申すことのよしを・・・」

このフレーズが何度も何度も浮かんでくる。

「まがこと罪穢(けが)れを払いたまえ清めたまえ」

繰り返し言いながら、やっぱりうーっと内側から想いがあふれて、涙が流れてきた。

でもそれは悲しみの涙じゃなくて、なんというか、尊い涙。

ものすごく荘厳で純粋で美しく気高い・・・尊い気持ちに支配され、いつしか泣きながら

「神様にこの身を捧げます。私の体をどうぞお使いください。神のみ心のままに私は生きます。神様にこの身を捧げます」

と心の中で叫んでいた・・・。

前回は、「世のため人のため」と思いながら滝に入ったのに、内側から出てきたのは「自分を許して幸せになりたい!」という悲痛な想い。

今回は、はからずも心から「神様にこの身を捧げたい。自我を捨てます」という想いが出てきて・・・驚いた。

やはり、自分のことをやって初めて、自分が幸せになって初めて、人のこと、世の中のことを想えるんだな、尽くせるんだなって・・・思った。

そうじゃない想いは嘘っぱちなんだ。

みんな幸せになりたいんだ、どんな聖者だって。

人間として地球に生きている限り。

自分幸せにしてからの周りなんだよ。

すごくすごく当たり前のこと・・・。


右側の滝場でもういいかなーって思うくらいまで入ったら、次は左側の滝場に移ります。

この途中で、お供えの花を手に挟んで天に向かってお願いごとをします。

「私が自分を許して幸せになれますように。それによってたくさんのパワーを身に着け、たくさんの人を幸せにすることができますように」

そういう風に今回はお祈りをした。


左の滝場では背中をつけてこんな風に入ります。

本当は頭も岩に預けて全身滝に打たれるんだけど、これは顔にじゃぶじゃぶ水が流れて苦しいので顔は滝から出して浴びました。


なむー。

さっぱり、気分爽快!!

やり切った感。

もう本当この滝、クセになります・・・。

みんなで最後またお祈りを捧げ、着替えて沐浴場を後にします。

ああー、本当に気持ちがいい!!

また入りたい!!(もうすぐ入れるっ!)


こちら、バグースジャティのヨガルーム。

最後の日の朝だけヨガに参加してみた(笑)。

いつの間にか日にちが変わっております・・・。


最後の日は帰るだけ。

出発まで少しだけ時間があったので、プールへ・・・。

といっても寒いので入らず。

このプールがあるところがバグースジャティの一番低い場所になるんだけど、この奥に階段があって、下の川まで降りて行けるようになっています。

ここがすごいらしい・・・という噂を聞きつけて、一度降りて行ってみたいなーと思っていたので、一人で探検君。


階段を下りると、そこからもう明らかに気が違う。

ちょっと歩いていくと・・・完全に気が変わる!!


なんじゃこりゃ!?

この気は・・・!?

怖いくらいに荘厳・・・怖いくらいにご神気強い!!


下にも滝が流れており、川に注ぎ込んでいます。


もうこのあたり完全にエネルギーが違いすぎて怖い。

一人で来たので怖すぎる。

なんなんだこれ、鳥肌。


写真からも伝わりませんか??

明らかに気が違うのが・・・。

ぶるぶるっと震え、そそくさとこの場を後に。

小走りになってた(笑)。


ホテルを発つ前、支配人のユキさんと。

もうユキさん、本当に素敵な方!!

(前にチャネったときに見えた)インディアンの過去世というか魂を持った、しなやかで勇敢で明るく強い人・・・。

ユキさんのおかげで、バグースジャティは天国度が増してると思いますっ!

いつまでもバグースジャティを守ってくださいね。

また行きますよー(まもなく・笑)。


空港にて。

あー、今回も神々の島バリ、大満喫!

こんなにバリにご縁ができるとはなー・・・。

いっちゃん最初、21歳で海外に初めて行ったのがバリで、それ以来、約23年ぶりに訪れたわけですが。

最初の海外にバリを選んだのも何か意味があったのかなー。

カルミさんを通じてランプヤン寺院に祀られている女神さまともご縁ができたし、10月に訪れるバリも、なにかが起きそう・・・。

めちゃくちゃ楽しみです☆

バリツアーの申し込みは・・・まだギリギリできるのかな??

行くメンバーも聞いたらすっごく面白そう!!

さすが、このてんこ盛り神様話で行くわっ!と思う人たちだけに、神様と、そして宇宙とつながっている方々だよなーとか、思うわけです・・・。

ああ、やっと書けたー!!

またも4か月遅れ・・・。

新しく書きたいことてんこ盛りだよっ!

まずは、本日、土星が移動した話!

のちほど書きますー。

(あ!淡島の話もね!)

ではでは☆

2015年9月13日日曜日

開運ツアーバリ報告その4 女性バリアン・カルミさんを逆セッション!


アロハ~☆

あべです!

って、ハワイにいるふりしてみた!(うそ)

意味不明・・・。

いえね、先日、これぞ開運効果では!?ということが。

それは、ひょんな会話から発展してーの、来年4月「あべけいこ開運ハワイツアー」を開催することに!!

きゃー!!!

マジで!!!???

うれしすぎるーーーーー。

みんなー、みんな来てよねっ。

4月っていうか、予定では5月1日だけども。

日程は前後するやもしれません。

気学考慮の奇門遁甲吉日で行こうともくろんでおります。

セッションもパワースポット巡りもヘミシンクもセミナーも、なんでもやっちゃうよ。

最近気づきがバンバン起きまくりで、なんだかもう、宇宙の法則まるわかりしちゃった気持ちで、メルマガ書きたいっていうか、もう本書くこれでって興奮しまくりで、その勢いでブログにも書きたいんだけど、とりあえずバリ報告!!

いまの地球のエネルギーで9月に4月のこと書いてるのは3億年前くらい遅いな・・・。

すわっ。

バリ滞在4日目!

本日は日中ウブドの街へ繰り出しましたー。



バリの街並み。


あいにくの雨模様。


こんなショット誰もよろこばねーよっ!(なら載せんなっ!←またも一人ツッコミ・笑)


街のカフェでナシゴレン食べたー。

写真横だけどめんご。細かいこと言いっこなし(うふ)。

で・・・。


こんなのとか・・・。


あんなのとか・・・。


これとか・・・(見えないか)。


買いまくり♪

もう日も暮れかかっていますね・・・。

私の学生時代のあだ名は「ショッピングガール」。

バイトを2つ掛け持ちして、稼いだ片っ端から買い物してたな。

あの服、あの靴、あの鞄・・・いずこに(遠い目)。

みなさん、無駄遣いはいけませんよー!

しかし、バリの服や小物は可愛くて安かったんだ・・・。

どうでもいい話。

で!

本日の本題!

カルミさん!

じゃん。



カルミさんは前回のブログにも登場したすっごい見えちゃう女性バリアン。

カルミさんはバグースジャティの近くに住んでいて、ホテルスタッフの方にガイド&通訳をお願いして今回も行ってまいりました!

前回は、傷ついてるだの、心が閉じてるだの、このままだと仕事は発展しないだの散々な結果に。

言われた言葉が身に染みて、「もーぜったいに休む!リラックスする!」と決意の帰国をしたのでした。

さて今回は??

会うなりカルミさん「あら~、ふっくらしてすごくよくなったじゃない!」

ふっくらしてって、太った!?

いや、たぶん、エネルギーのことかと・・・(と思いたい!が、肉体もふっくらしたかもーomz)。

しかし、前回より全体的にとってもよくなってると太鼓判。

だって、昨日、テジョさまからすんごいパワー入れてもらっちゃったしね。

うふふ、今日の私は違うはず☆

さっそく見てもらうと・・・。

「肉体的にもエネルギーの流れもよくなっていていい感じよ」

「ありがとうございます!」

「前回背中についていた人もいないわねー」

「そうだと思います!」

よかったよかったとカルミさんも通訳してくれてる日本人スタッフのユキさんもニコニコ。

で、なんかゴニョゴニョ話してたかと思ったら・・・。

「あなた私と同じ(ような)ことしてるのよね。じゃあ、私を見てくれない?」

ええっ!?

まさか!?

私がカルミさんを!!??

めっちゃ緊張するんですけどーーー!!!

しかし、そう言われたら見ないわけにはいきません。

「は、はい!」

目をつぶったほうが集中できる私は一人目を閉じ・・・カルミさんに集中。

すると、カルミさんの後ろに女神さまのようなスーッと背の高い女の神様が見えてきた。

「カルミさんの後ろに神様が見えます。背が高くてすらーっとして真っ直ぐ立っていて、頭の上に金の飾りがたくさんついた冠をかぶってる」

そう言うとカルミさん

「そう、その神様とつながって(この仕事を)やっているのよ」

と言う。

おお!そうなんですね!

「スラヤ山の山頂にランプヤン寺院というお寺があるんだけど、そこにいる神様なの。あなたも今度そこにお参りしたらいいわ」

へえー、行ってみたい!

「はい、行きたいです!お参りします!!」

言いながらなおもカルミさんにフォーカス。

すると、ちょっと疲れた様子のカルミさんがみえる。

「カルミさんが・・・山のふもとの森みたいなところにいて・・・少し疲れてるみたいに見えるんですけど」

カルミさん「え?そうかしら」的な気配。

「でー、えーっと、山のてっぺんまで石段がずーっと続いてるんですけど、そこをトコトコ、トコトコ歩いて登って行く姿が見えます。で、その山のてっぺんに小さいあずまやみたいな壁のない部屋があって、そこに入っていきます」

「そのお寺(ランプヤン寺院)ね。よく行ってるわ(エネルギー体でという意味らしい)」

「で、カルミさん、そのあずまやの中で横になって眠っているんですけど・・・そうしたら、女の神様が横たわるカルミさんの体にヒーリングをして癒してます。

しばらくしたら、カルミさんがむくって起き上がって、元気になってまたトコトコ、トコトコ、石段を下りていきます。黄色い光がパーッと体から出ていてすごく輝いて見えます」

するとカルミさん

「よくそのお寺に行くんだけど、そこにいる自分はいつも横になっている姿で見えて、なんで横になってるのか不思議でしょうがなかったの。自分は死ぬんじゃないかと思っていたわ」

と。

「いや、この仕事をしてエネルギーを使って疲れたら、そこで眠って、眠っている間に女神さまが癒してエネルギーチャージをしてくれてるみたいです」

そう言うと、深く納得した様子・・・。

あと、

「いつもそのお寺に行くときはなぜか黄色い服を着ているのよ」

とも言ってたな。

神様からパワーを入れてもらって黄金に輝いているから黄色い服みたいに見えるのかしらん。

なんつったりしているうちに、カルミさんが突然

「神様が、あなたはいい人だから首飾りをあげるって差し出してる。向こうを向いて受け取って」

と言う。

なんと!!

感激!!!

「あ、ありがとうございます!」

カルミさんに背を向け、神様から首飾りを受け取るイメージ。

お花の細いきれいな首飾りをもらう。

すると、首の細い容器に入った聖水が見えてきて、神様が私に振りかけてくれている。

ええー、なんだこれ、聖水・・・くれてる!?

ありがたきーーー!!

いただく!!!

で、口を開けて飲む(イメージの中で)。

「あのー、いま細長いこんな容器に入った聖水を神様がくれたんですけど・・・ありがたくいただきました!」

言うと、今度は通訳のユキさんが驚く。

「ランプヤン寺院は竹筒に入った聖水が有名なんですよ!みんな山の途中で竹筒に入った聖水をもらってくるの。でもなかなかもらえないんですよ」

そして興奮した様子でカルミさんに通訳。

おおー、そうなんだー、えーすごいーー(我ながら感動)。

で、カルミさん

「彼女にすごいエネルギーが降りてきてるから、もらいなさい」

とユキさんに言う。

私、ユキさんの手を握り締める。

めっちゃ体が熱い。

「すごい手が熱い!エネルギーをすごい感じます!」

とユキさん。

わー、なんかすごいことになっとるでーと思いながらしばしエネルギーを流す。

程よいところで手を放し、カルミさんに向き合う。

するとカルミさん、

「神様に私が結婚してもいいかどうか聞いてちょうだい」

と!

(爆!)カルミさん!

結婚ですか!もうすでにしているものかと・・・。

しかし、単純な結婚相手が見つかるかという悩みじゃなくて、男性と交わることで今の能力を取られちゃうんじゃないかと心配で、結婚したいけどしていいものかと迷っていたそうな。

なるほど!

上に聞いてみる。カルミさんは結婚してもいいですか?

「してもいい」

と声が聞こえる。

「してもいいって言ってます。結婚は許されてるみたいです」

上からさらに「自分のすべきことを忘れないなら結婚してもよい」というイメージが降りてくる。

「えっとー、自分のやるべきこをちゃんとやっているなら結婚してもいいみたいです。結婚したら能力なくなるとかそういうことではないみたい。

でー、えーと、カルミさんの役目はやっぱりそれなので・・・それが人生の最重要事項で、それを阻害しないような相手、むしろリスペクトしてくれて手助けしてくれるような・・・たとえば家事を手伝ってくれたり、仕事をしやすいように気を遣ってフォローしてくれるような相手がいいみたい。というか、そういう相手じゃないとダメみたい」

「なるほど・・・」

「だから、亭主関白な年上とか、バリバリのビジネスマンとかはダメで・・・信心深くて年下の優しい人がいいみたいです」

「うんうん。何をやってる人かしら」

フォーカスしていくと・・・何やら竹をくわえた若い男の人が見えてきた。

なぜに竹??

窯で煮炊きしててふーふーって息をかけてるの??いや違うか・・・。

しかも、何だろう??板前さんみたいな恰好?いや、白い着物っていうか甚平さんみたいな民族衣装を着てて、頭に四角い帽子をかぶっている。

「竹をくわえてて、なんかこんな白い民族衣装みたいの着て帽子かぶっている、けっこう年下の男の人の姿が見えるんですけど・・・」

私が四苦八苦して見えるものをどうにか伝えようとしていると、カルミさん大きく頷きながら

「ガムラン奏者よ」

ときっぱり。

ああー、ガムラン奏者か!だから民族衣装なのね。

「私が神様に示されてる人と同じね。年下のガムラン奏者」

おいー、すでに知ってたんかい!しかし同じ人を見せられているとは。

「どこに住んでいるかわかる?イニシアルは?」

ええー??土地勘ないからまったくわかんない。イニシアル??わからんー。

「北のほうじゃない?イニシアルは××」

「すいません、どこに住んでるかまでは・・・バリの土地がよくわからないので」

まあいいわ、ありがとうと納得するカルミさん。

わー、しかし感動ーーーカルミさんと同じものが見えていたとはー。うれしい。

まさかの逆セッション終了!

かと思ったそのとき、一部始終を隣で見ていて、ユキさんと一緒に通訳をしてくれていたブッダさんが

「このコインを見てもらえませんか!?」

と突然、2枚の古銭を手渡す。

ブッダさんはバグースジャティのスタッフだけれども聖職にもついていて、お祈りの儀式や瞑想、スバトゥの滝での祈祷や案内なんかもしてくれる方。

すごく信心深いお人柄。

何のことやらわからないけど、古銭を手に取り目をつぶる。

しかし・・・2枚同時だと映像がごっちゃでよくわからない。

なので、1枚ずつ見る。

すると、何やら長い手が何本かあるんだか、手が長くて変な形に曲がってるんだか、そんな神様が見えてきた。

「えーっと、手が・・・何本もあるのか、長いのか、なんか腕に特徴がある神様が見えるんですけど・・・」

シヴァか!?いや××か?と神様の名前を出してユキさんと討論するブッダさん。

「うーん、わからないです」

見えにくいから見方を変えよう。

フォーカスするところを変えてみると、横座りして琴みたいな楽器を弾いている女の神様が見えてきた。音楽が流れるイメージ。

「えっとー、音楽演奏してる・・・女の神様で、横座りして琴みたいなの弾いてる姿が見えます・・・」

「サラスバティだ!」

ユキさんとブッダさん同時に叫んで納得の様子。

あー、そうなんですか??

当時、サラスバティが楽器を弾いていることも、手が4本あることも知らなかった私。

知らなかったのに見えてくるってことは、やっぱりそうなんだろうなーと、変な納得の仕方。

ちなみにサラスバティとはこんな神様。



1枚解決したので、もう1枚を見る。

すると、神様なのか??神様っぽくない姿で見えるぞ。

それは、鎧を付けた武将みたいな姿。手に長い槍みたいの持ってる。

日本のじゃなくて、古代中国の武将みたいな姿。

「よくわからないんだけど・・・鎧を付けた武将みたいな人が見えます。古代中国の人みたいな。手に槍を持ってる。神様じゃないのかもしれません。わからないけど」

その時はわからなかったんだけど、毘沙門天と同一視されているクーベラという神様、戦いの神様で鎧をつけて手に槍じゃなくて長い宝棒を持つお姿だそう。

こんな姿。


まさにこれだわ・・・見えた姿。

神様に見えないよねー。

よって、サラスバティ様とクーベラ様のセット古銭だったもよう・・・。

カルミさんは

「それは男神と女神のセットよ。2枚で一組になってる夫婦神に私は見えるわ」

と言っておられた。

いったい何の古銭かと思いきや、お寺に行くとよく古銭が落ちてるんだけど、その中で「これは何かある!」とブッダさんがひらめいたやつを2枚拾って、お守りのように大事に持っていたものだそう。

でも、どういういわれがあるかとか、本当に良いものかわかってなかったから、見てもらいたかったみたい。

私は私で、知らなかった神様の姿が見えて、それが本当にそういう姿してるってことがわかって、めっちゃうれしかった。

そんなこんなでコーフン&驚きのカルミさん体験でしたとさ。

気が付きゃ自分のこと何も聞いてねー!!

でもいっぱいチャネ検証できたから良しとしよう。

そうそう、そのランプヤン寺院、「天空の寺院」と呼ばれていて、バリ随一のパワースポット。

中心地とは少し離れたところにあって行きにくいんですが、今回のツアーで行くんです!!

なんと!!!

うれしい。うれしすぎる。

ウブドからは遠すぎて日帰りで行けないので、チャンディ・ダサという海の近くのエリアに1泊します。

こんなお寺ー。










このランプヤン寺院があるスラヤ山、そして寺院から見えるアグン山は霊山でめちゃくちゃご神気がすごいの。

以前ご縁のあったすごい能力をお持ちの霊能者の先生にバリ写真を見せたところ、アグン山をバックに写っている写真のこと

「なにこの山、すっごいご神気~~~!!!鳥肌が立つわ、すごい山ね!!」

と大絶賛。

さすが先生でございます・・・。

何も言ってないのに、聖山アグン山を一発お見通し。

そう、そんな霊山をのぞむ天空の城ランプヤン寺院。

カルミさんからご縁をいただき、首飾りと聖水までいただいてしまった神様のいる寺院・・・。

あのとき「絶対行きたい!でも、またバリにはいつ来れるのか・・・??」と思っていたのに。

再びバリ開運ツアーができて、しかもランプヤン寺院が組み込まれているのは、やはりお導きなのか・・・。

いえっ!

今度はわたくしが皆様を導く役目に。

今度こそ!

リベンジのバリでございますー。

てことで、みんな、一緒にバリ行こー!!

私がセッションもヘミシンクもしまくって、オドロンあげまくるからね!(最近私たち仲間内でブロックのことをオドロンと呼んでます。「1過去世2オドロン退治した!」とか単位化してる・笑)

もーもーもーぜーったいバリすごいから、しつこく宣伝しまくるよ!

本当に生まれ変われるよ。

生まれ変わらなくてもいいけど、気づきはたくさん得られると思いますよー。

てことで、明日はスバトゥの滝体験!

私はやっぱりスバトゥの滝ナンバーワンだな、今のところバリで。

ここも本当にすごいから。

てことで、またねー。

本日はかの淡島開運ツアーでございます。

こっちの報告もしたいね!

するよ!

じゃあね!!



2015年9月11日金曜日

開運ツアーバリ報告3 バリイチのバリアン、マンク・テジョさんのイニシエーション


こんにちは、あべです!

ただいま、2016年の奇門遁甲吉方位表の作成を進めております。

ワクワクしますーーー!!

早くやりたいー。

(ブログ書いてからにしようと・笑)

最近は奇門遁甲一本立てでなく、気学や金函などその他の方位術も混ぜ合わせて、最強の吉方位をあぶりだすやり方を編み出し中・・(笑)。

奇門遁甲の暦問題もクリアしたいなーと思っていまして(いろいろな暦があって吉凶が違う件)、時盤で効果がわかりやすい飛鳥跌穴(ひちょうてっけつ)を選んでそれぞれの暦で日帰り旅行し、何が起きるか試してみようともくろんでいる最中・・。

みなさまご期待ください(笑)。

実地体験派のワタクシ。

最近は、自分だけでなく一緒に行く友達を見ていて、まーじーで遁甲きくわ!!とびっくらこいています。

理論はさておき結果!

だけどもう少し体系化させるためにエクセルつけたほうがいいかもな・・。

とかつぶやきはおいておいて。

マンク・テジョさんの儀式のお話し、続きますー。

さて、やはり私のところに来ていたマンク・テジョさま(これからテジョさまと呼ぶ・笑)。

時空を超えるテジョさま☆

どんな儀式だったかというとー。




まずはこの石。あーんど、見えにくいけどゴールド。

これ、飲みます。

儀式の最中。

何の石なんだろう??



飲みやすいようにはちみつをかけてくれます。

テジョさまのお孫さんが準備を手伝ってくれています。

そして、布!

おそらくテジョさま手描きのものと思われる布を見せていただきましたー。

それはこれ。



これ、うちのサロンのセッションルームに現在飾られているものでございますが・・・。

この布をかぶって儀式をしたのでございます。

ほぼ等身大の・・・私??

テジョさまいわく、「(日本に戻ったら)これをかぶって瞑想しなさい。上とつながりやすくなるから」。

そう、なにやらパワーのある布のよう。

前回バリに行った時もみんなで同じように絵が描かれた布をもらって、それをかぶって瞑想しました。

やはり、パワーがあるから日本でも瞑想するときに使いなさいと言われました。

この布です。


現在、セッションルームの天井に貼ってあります。

背面と天井とでこの布で固めているので、この部屋がすでにパワールーム!?



こんな感じ。

お客様はこの人にセッション中じっと見つめられて・・・さぞ怖かろう(笑)。

事務所はいってすぐのところにセッションルームを設けていて、玄関からこの絵が見えるので、共同で事務所を使っている夫に「やめてあの宗教画。お客さんにおかしなとこだと思われる」とか言われてますが(笑)。

ノープロブレム!!

さて、儀式に戻りましょう。



今日の儀式はお寺でなく、テジョさまの祈りの小部屋で行われる模様。

前回みんなで最初にテジョさまにお会いした部屋へ。

儀式に使われるお供え物などが用意されていました。



隣に座ります。

正装ではないけど、サロンを巻いてもらいました。



儀式がはじまります。

テジョさまがかぶっているの白黒チェックの法衣(?)は、バリの仏像にかけられていたりお寺でよく見かける布。

これには意味があって、善と悪、陰と陽、光と闇、そういった相反する二極性をあらわしているのだとか。

善だけでは成立しない、陽だけでは成り立たない、光があるところには必ず闇がある・・・そういう宇宙の真理、二極あって初めて成立するこの世の法則を色で表現しているんですね。

バリヒンズーの宇宙観なのだとか。

なので、バリでいう悪魔とは、神様でもあり、私たちがとらえている西洋的な世界観の悪者とはちょっと違います。

テジョさまのすごい力は、前回瞑想中にチャネったときに見えたとおり、悪魔とつながることで得ている!と思うのですが、それは「下の存在とつながってる」というのとはまったく違います。

バリでいう悪魔は神様の中の陰の存在、そういう感じなんですね。

だから邪悪な感じはまったくしません。

ものすごく強烈な印象はありますが・・・。

じっさい、テジョさまはランダの踊り手で、ランダはバリの魔女。

でも、シヴァ神の妻でもあり、シヴァの破壊的な一面を表すドゥルガーの化身でもあるといわれていますね。

鬼子母神と同一だとする説もあるようです。

単純に西洋的な「善と悪」と対立するものでくくれない、不思議な世界観がバリにはあるんですね。



儀式が始まりまして、途中で黒い布を巻かれます。



お手伝いしてくれるのは、通訳兼ガイドの・・・すいません、名前失念~><(なら書くな的な)。



黒い布の上から赤い布を巻きます。



この色も何かの象徴だったと思うんだけど、聞き忘れた・・・(爆)。



再び着席し、儀式続行!



テジョさまが祝詞的な呪術を唱えながら水をお供え物に・・・。

私はわからないので、とりあえず手を合わせる・・・。



そして、くだんの布をかぶせられます。

完全に前が見えない(当たりまえ)。



儀式は滞りなく遂行されていきます。



マントラを唱えるテジョさま。

そして、お願いごとを言いなさいと言われる。

えっとー、えっとー、お願いごと??

ご祈祷をしに来たつもりはないので戸惑う。

というのは、実はあまりご祈祷とか願掛けをするのが好きじゃないというか避けている私。

願掛けすることで、もともとの自然な流れを阻害して、べつの場所にさわりが起きる・・ということは実際あるので、そうなるのが怖いので。

しかし、お願いごとを言いなさいと言われたので、これは言う流れ??ということで、とりあえず

「たくさんの人を助けられるように私にもっとパワーと霊力をお授けください。そのためにたくさんの人にもっと知られるようになりますように。1億人の人を助けられますように」

1億人とは大胆な!

日本人全員かよ!

今の人口は・・・1憶二千万人なんですね(って今調べた・爆)。

まあいい。とりあえずそんな感じ。

で、テジョさまに何か質問はあるか?と聞かれる。

えーっと。

質問っていうか・・・。

聞きたいことだらけすぎて何を聞いていいかわからず。

そもそも、「この儀式はどういう効果があるんですか?」(爆)。

いまさらそんなことを聞くわけにもいかず「大丈夫です!」と叫ぶ。

そう。

イニシエーションを受けたいと熱望したけど、何の効果というか、どういう儀式でどういう風に効くかを完全に聞き忘れていた私・・・。

単純に霊能力が増すのでは!?

パワーが増すのでは!?

という完全なる思い込みから希望したんだけども。

いまさら聞けないー。が、聞きたいー。が、聞けずに今に至る(爆)。




お祈りをささげたあとは、布が外されまして、いよいよ石と金を飲むときが。

これから部屋を真っ暗にして祈りをささげるので、光が見えたら石を飲みなさいと言われる。

そして部屋は真っ暗闇。一つの光も見えず、目を閉じても明けても同じ状態に・・・。

いや、線香の光だけがぽつんと暗闇にともる状態。

そして、前回、真夜中のお寺の瞑想時、テジョさまが消えて火が出た時と同じように、テジョさまがマントラを唱えながらトランスに入っていく。

うわーっとマントラが盛り上がった瞬間、またぼっと火が出た。

奇声をあげるテジョさま。

おおーと見ている私。

しかし、「光が見えたら」の意味がいまいちわかってなくて、自分の中で光がまたたく瞬間があって、そのときに飲むのかな??とか思っていたので、飲み遅れる・・・。

「飲んだか?」といわれて、慌てて飲む!

火が出た瞬間に飲まないといけなかった模様。

ここで石を落としたら最悪!一滴でも飲み残したらいかん!と必死で皿をなめる。

真っ暗闇で幸い。

「飲みました!」

さも、火が出た瞬間、絶妙なタイミングで飲んだかを装う・・・(爆)。



火が出て石を飲んだところがほぼクライマックス。

それから外に出るよう促される。



外にもお供え物が飾られていて・・・。

再び布をかぶせられます。

隣にいるのはすべてを見守っていた友人(笑)。

どうしたらよいかわからないので、とりあえず布の中で手を合わせる私。



ん??この写真は!?

さてみなさん、男性が持っているものはなんでしょう??

布をかぶせられている私の実況中継からお察しください・・・。

何やら外が騒がしい・・・。

グエー、フギャーという動物の鳴き声。

すわ、猫のさかりか??犬が騒いでいるのか?(犬はそんな風に鳴かないが・・・)。

なんじゃろほいと思っていると。

バサバサバサ!という羽音とともに、周りで見守る人たちの声にならない息づかいが「はあーあ」「ふおー」。

そして隣に立つ友人の「いやーっ!!」という叫び声。

もしや??もしやもしや??

これはその??

あれ??

頭の中で「まさか、まさか」がこだましていると、お供え物の周りを歩いてくださいという指示が飛ぶ。

かぶった布のおかげで周りが見えないけど、足だけはかろうじて見える。

友人のあとについてぐるりと一回り。

元の所に戻ると「これで終わりです。布を外していいですよ」というガイドさんの声。

おー、おわったー!

感無量の気持ちで布を外し・・・。

そして、まさか、まさか・・のまさかがおそらくその通りなのであろうと思う私は地面を極力見ず。

再び先ほどの建物の中へ。

そう、まさかっていうのは、ニワトリさまをいけにえ(?)に捧げて、首をばっさり刀で切った・・・。

首のないニワトリがバサバサ暴れて走り回って、私と友達のところにぶつかってきそうになったっていう。

あの観衆のざわめき、ため息は、「あー、ニワトリが!そっち行ったらぶつかっちゃうよ!!」ということだったらしい。

見ないようにしていた友達も、首のないニワトリが突進してくるもんだから、思わず叫んだという・・・。

もうね、衝撃、ショック。

ニワトリさんごめんなさい。

私のために命を落として。

ニワトリさんの命にかけて、霊能力を強化するわ!

とかいって、チキンふつうにうちら食ってるけどねーとか、思い込ませて罪悪感を消去!

しかし衝撃ではあった・・・。

部屋では赤い布と黒い布を脱ぎ、テジョさまと少しお話。

「どうだったか?」

とか聞かれて、どーもこーも。

「すごかったです。ありがとうございました!」

何かすごかったんだか・・・。とりあえず調子いい私(いつも)。

そして、いちおう聞いてみる。

「さっき、これこれこういうことをお祈りしたんですが、それが効くっていうご祈祷みたいなものなんですか?」

願掛けだったら嫌だなっていう思いを込めて、当たり障りなく聞いてみたんだけども、通訳さんのところで違う意図になったもよう。

「東京に帰って(これから)確かめなさい」

にこにこ。

つまり、大丈夫、願いは聞き届けられてるよーっていうこと??らしい・・・。

やっぱり願掛けだったのかー!?

わからず・・・。

たぶん完全にはそうじゃないと思うけど。

なんでも、テジョさまはそういうこと(特定の願いをかなえる)ができる方なので、バリの人々からそういう依頼も受けるそうな。

でもそのときには「(それはかなうけど)代わりにだれだれにこういうことが起きるけどいいか」とか聞くそうな。

つまり、自然の流れを捻じ曲げるわけだから、その変化のひずみが自分の別の部分かもしくは身の回りの人に起きてくるけど、っていうことみたい。

そう、願掛けの恐ろしさはそこにあるんですよね。

だから私は自分のエネルギーが高まる形での開運はウェルカムだけど、理に反した願掛け、願望成就、現世利益追求はやらないように気を付けている。

今回のイニシエーションがそれだったら怖いので嫌なのだけど、そういうことは言われなかったからたぶん大丈夫と思う。

そして・・・。

テジョさまにさよならを告げ、ウッキウキで帰途に就いた私たち。

が・・・。

車の中で・・・。

だんだんと具合が悪くなり・・・。

後半は背もたれを倒してほとんど寝ていた。

ホテルに着くと、倒れこむようにベッドに。

まあもう時間も深夜0時近かったけど。

そして、寝ること数時間。

具合が悪くて目が覚め、また寝て目が覚め。

うなされながら朝を迎えた次第。

これはまさにテジョさまから授かったパワーが体になじむ間に起きた好転反応!?

というか、最初に「スペースがない」といわれたとき、「素質はあるけど体ができてない」っていう意味合いだったけど、まさに、すんごいパワフルなものを受け取るためには体がちゃんとしてないとダメなんだなっていう・・・。

私は具合悪くなったってことは、ぎりぎり受け取れるくらいだったのかもー。

とか思いながら。

まあ、翌朝はだいだいよくなって、朝ご飯は元気に食べたんだけれども。

これは期待ができるぞ!と嬉しくもあったという。

そんな感じのイニシエーション体験でございましたっ!

明日は女性のバリアン、カルミさんを逆チャネリングした話を書くよ!

明日!?(笑)

ではね!