ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年8月30日金曜日

心の内側が現実を創ることについて



こんにちは、あべけいこです。

先日、金星のグランドクロスについて書きました。

影響のある期間は823日~29日、ということで、ようやく過ぎたところですが、この期間中、「ああ、これ、この配置の影響だな」と思うことが立て続けに起きました。

グランドクロスは活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)の12度付近で起きたので、このあたりに星を持つ人は影響を受けやすい、というお話をしました。

私自身は蟹座に金星と火星があるものの、度数は1度と15度で(多少近くても)ぴったりではないので、ダイレクトな影響は受けませんでした。

それでも、周りのこのあたりに星を持つ友人、知人たちがこの影響を受けていて、その相談を受けたり、ちょっと嫌な気分を味わったりと、やはり少なからず影響を受けました。

みな、すべての人は影響し合って生きているのでね、やっぱりこういうのは全体的に影響を及ぼすんですね。

金星、木星、天王星、冥王星のグランドクロスっぽかったな~と思う出来事は、まずある知人の美容に関するトラブル。それに付随して大きなお金を失う、ということ。

まさに、ダイレクトにこれらの星が表す事柄でした。

別の友人は、恋愛がらみ。

相手の態度から突発的に別れたくなったということで相談を受け、見たら誤差1度で彼女も相手の男性もこのグランドクロスに引っかかる人たちでした。

そこで、星の影響を話して「とにかく今決めることと、突発的な行動を起こすことだけは控えて」となだめ続けました。

影響の始まった23日頃から不満が募り始め、その数日後からの相談。

連日いろいろ電話やメールをして、ようやく今朝方、結論が出たようで、別れを選ぶことはやめて、自分のブロックはずしにいそしみ幸せを求めていく・・・という結果に。

まさに、この影響下にあったときに、将来を悲観して、相手に不満を募らせて、別れたくてたまらなくなり・・・影響が過ぎ去ったら気持ちが落ちついたんですね。

面白いですよね。

それからもう一人は仕事関係の人。

ある人の些細な落ち度にしつこく謝罪を要求して、逆ギレした相手から縁を切られた・・・。

そこまで突き詰めて決着させる必要もないことに、なぜかこだわってインネンをつけるような感じになり、双方嫌な気分になって縁も切れるという結果に。

この方の太陽、月はともに、活動宮の12度付近にありました。

このグランドクロス、木星が絡むので、何事も過剰になっちゃうんですよね。

起きた出来事は、美や恋愛、お金ではありませんでしたが、人とのつながりという意味では、天秤座の守護星である金星ぽい出来事といえると思います。

星って本当に面白いですね。

ちなみに私の金星の真上に、あと数日で木星が到達します。

この配置のときに何があるんだろう~??

お金が入ってくるのかな~???

なんて1年前からワクワクしていたら、なんてことない(とかいったらダメですね)、ちょうどこの時期、お休みをいただいて開運旅行でグアムに行くのでした。

配置を見て決めたわけじゃなく、旅行を予約したあと気がついたのです。

あぁ、遊びや楽しみ、というところに出るんだな~と思いました。

金星は、恋愛やお金、美の星であると同時に、遊びやレジャー、楽しみごとの星でもあるのでね。

ここに木星が重なると、拡大されますから、これらのことがわーっと広がる感じになるんですね。

旅行が楽しそうでよかった(笑)。

しかし、金星の90度の影響も多少あるので、遊びすぎないようにしないと(汗)。

さて、前置きがまた長くなってしまいました(前置き!?とまた一人ツッコミ)。

今日の本題はぜんぜん違うことだったのです・・・。

ええと、数日前から「心の内側が現実を創る」というお話を、何度もブログに書かせていただいていました。

それにちょっと関連することで、今回は、読者の方からのメールをご紹介したいと思います。

私はMSNのライフスタイルというところでコラム連載をさせていただいているのですが、このコラムの内容は「人生相談」。

私のような若輩者が相談に答えさせていただいてよいのか!?という疑問はありますが、まあ置いておいて、ここでは主に占星術で相談者の方の性質を読み解き、星の動きをあわせて読み、相談にお答えする、ということをしています。

(無料で相談にお答えできますので、みなさまよかったら相談ご応募くださいね)

すべての相談に満足のいく答えが出せているわけではないと思うのですが、ご相談者の方からお礼のメールをいただくことがしばしばあります。

そのたび、ああ、お役にたてて良かったな~と嬉しくなり、このような仕事をさせていただいていることに感謝の気持ちが湧いてきます。

普段は、そのお礼メールは、私が一人で読み、感激したり、勇気づけられたりして終了するのですが、今回、他の方に気づきになるかな??と思うメールをいただいたので、抜粋してご紹介しようと思います。

この方は、私がどこかで書いた「いいだけの人生もなければ、悪いだけの人生もない」という趣旨の文を読み、ご相談文を送ってくださいました。

「私はこれまでつらいことばかりで、幸せを感じたことがない。人間関係が苦手で、仕事も結婚もうまくいきかけてもダメになってしまう。こんな自分でも幸せを感じながら生きられるようになりますか?」

というような内容のご相談でした。

しかし、私がホロスコープを拝見したところ、すごくキツイ配置というわけではなく、むしろよい配置といえるようなホロスコープでした。

人間関係が苦手、ということでしたが、基本は明るく社交的な方のようでしたので、うーん、どこに問題があるのかなあ・・・?と、人間関係のトラブルになりそうな配置を探しました。

読むうちに見えてきたのは、そもそも、この方が人間関係を大事にする、人と協調したいタイプの方だということと、明るく積極的な一方、思ったことがすぐ顔に出たり、口を滑らせて言わなくてもいいことを言ってしまがち、独特で変わったところのある方、ということでした。

ああ、つまり、人と仲良くしたい・・・という気持ちが、逆に人間関係の悩みになってしまっているんだな、と思いました。

そして、その気持ちを満たそうとするほど、前述した面がブロックになり、うまくいかなくて空回りしてしまっているんだなと。

同時に、物事の悪い面ばかりを見てしまっている様子が気になりました。

このホロスコープなら絶対に、楽しいこともよいこともたくさんあるはずで、なのに、なぜ「一度も幸せと思ったことがない」という思考になるのか・・・。

前述した人間関係のトラブルになりそうな面も、取り方によっては長所になったり、プラスに使うことで良い人生を構築するネタに十分なるだろうな、とも思いました。

おそらく、物の見方が彼女の「人生がうまくいかない」「ついていない」と感じることの大きな要因なのだろうと思いました。

マイナス面にばかり意識がいってしまっているのかなと。

確かに、彼女がいうように苦しい時期が続いていた配置は、ホロスコープからは見受けられました。

ですが、このことに触れると、不運の原因を外に見つけて安心してしまうかなと思い、あえて書きませんでした。

起きた出来事のどこに意識をフォーカスするかによって、その出来事の意味合いはどんな風にも変わる、ということに気づいてもらいたかったのです。

そこに気づいたうえで、運気的な問題もある、ということを理解しなければ、結局は外に原因を求め続けて、苦しいままだろうと思ったので。

おそらく、コラムの回答は彼女の気に入るものではないだろうな、と思いました。

運気的なことより、彼女の「うまくいかない原因」に触れた回答だったので。

案の定、掲載後、悲しみと怒りの混じったメールをいただきました。

思った以上の反応だったので、私はちょっとびっくりしてしまいました。

なんと回答すればいいのか・・・と思ったとき、とりあえずなだめて謝ってしまおうかとも一瞬思いました。

彼女の求めている言葉を書いてしまえば一番手っ取り早いかな、とも思ったのです。

悩んだ私は、「どうしたらいい?」と、つい上に聞きました。

「助けてあげなさい」という言葉が即座に返ってきました。

「助けるって、どうすればいいんですか?」と聞きました。

返ってきた言葉は「真実の言葉で語りなさい」でした。

真実の言葉。

それがどういうものかわからなかったけれど、とにかく私が本当に思っていることを、ただ正直に書くことにしました。

慰めや、彼女がほしいであろう言葉でなく、そして、対抗するような喧嘩腰の言葉でなく、ただ彼女の問題にフォーカスをして、必要であろうと思うことだけを素直な気持ちで書いたのです。

それに対する返事はなく、「ああ、やっぱり伝わらなかったんだなあ、まあ、仕方がないや」と思っていたある日、メールをいただきました。

こんなメールでした(ご本人にご了解をいただいて掲載しています)。

---------------------------------

~前略~

先日メールをお送りした際は、私の精神状態があまりよくなかったこともありまして、
きちんとお礼をお伝えできていなかったと思います。

お時間をとっていただき、内容の濃い鑑定をしていただきましたこと、本当に感謝しております。

ありがとうございました。

改めて、今、ネット上に掲載していただいた鑑定と、お送りいただいた内容を再度読み返しながら、少しずつ自分の心に落とし込んでいます。

なるほど・・・。確かに・・。と思うことがらが多く、生年月日や名前だけでこんなにもその人の本質がわかってしまうものなんだ、と感心してしまいました。


最初は正直に、「そのとおり」という内容だったので、自分で受け入れられなかったような気がしてしまいます。

あたっているからこそ、真実だからこそ、ショックが大きかったのかもしれません。自分のダメなところや、克服するべき課題、

特に

・思ったことがすぐ顔に出てしまう方(12ハウスが短い)

・口を滑らすことが多い(水星と火星の凶角)

・うっかりや思い込みが多い(水星と海王星の凶角)

という3点がそのとおりの内容だったので受け入れられず、目を背けていたのかもしれません。

今は、なんとなくですが、心の奥底に、顕在意識ではなく潜在意識のなかに、上記のような事柄を克服していく課題があることや、手放していくべきブロックがたくさんあることが分かってきたような気がします。

ただ、これまではそういった事柄を直視することが怖くて、目を背けてきたのかもしれません。

私がこれから、これまでの私から新たな私に変わっていこうとしている中で、変わることに恐怖を覚えて、そこから目を背けて、これまでの自分にすがっていたような気がします。

それから「ものは考えよう」と言う言葉が、実は私が昔から苦手で、そう言われることが多かったこともあり、私にとってこの言葉は、その物事の本質から目を背けてごまかしてみている=ものは考えようというイメージでした。

しかしながらあべさまの掲載された文章を読んで、物事の良い面も悪い面も両方を見てみること、のように思えてきました。

これまで私は、物事の悪い面ばかり見ていたような気がします。

だから幸せだと思うことが少なかったのかもしれません。

特に人間関係について、相談させていただきましたが、これまでに悪い人間関係ばかりではなく、一生の友人ができたり、大切にしてくれた友達や先生がいたことを思い出しました。

そう考えると、私には悪いことばかりが向こうから勝手にやってきてついてない、という考えではなく、悪いことも良いこともバランスよくやってきていて、その中で自分がどう感じたか、何を学んだか、ということのほうが大切であるような気がしてきました。

あべさまがおっしゃりように、私は人間関係が苦手で、人との関係を「上手」に作ることが出来ない人間だと思います。

そんな私でも楽しいこともあったな、と思うと、これまで自分の人生を否定してきた自分が、少し恥ずかしく、そして悲しくなってきました。

そして、人と関わりたい、協調したい、という思いが空回りして、かえって反感を買ったり妬まれたりと、悪いことばかりを自分で引き起こしていたんだろうと、感じました。

すぐにうまくできるかどうかはわかりませんが、私を、私自身が否定しないようにして、ありのままで、やっていけたらいいな、と思っています。

------------------------------------------

このメールに返信したところ、もう一通メールをいただきました。

------------------------------------------

~前略~

あべさまが、真実を語ってくださらなかったら、きっと私は以前のままだったと思います。

教えていただいた内容も受け入れられず、自分自身にもずっとNO!を出し続けて、否定して生き続けていっただろうと思います。

そう考えると、私の人生はとても寂しいし、つまらないものですね。

あべさまが一生懸命にお伝えしようとしてくれたことは、きちんと受け止めていくので、安心してくださいね。

あべさまがおっしゃるとおり、私は以前はとても社交的で、人と話すことが大好きな人間でした。友達もたくさんいて、小学校・中学校時代はとても楽しく毎日を過ごしてきたように思います。

ただ、自分が成長していく中で光の部分が伸びていくととともに影の部分が出てきて(嫉妬や悪口や妬みなどなど)その影の部分をいつも見ないように、見ないようにと、逃げてきたように思います。

ちょうどその時、自己啓発本にはまり始めたのも重なって、プラス思考しかしてはならない、というような極端なプラス思考に走っていったように思います。

それから自分自身の中で、一切のマイナスを排除するようになりました。

例えば太っている自分はダメだ、とか、成績が悪い自分は認められない、ニキビが出来ている自分は好かれない、他人を羨ましいと思ってはならないなどなど・・・。

完璧を求めていたように思います。

マイナスなことを一瞬でも思っただけで実現化する、と思っていて、自分にNG!!を出す行為を、心の中でずっと行ってきたのかもしれません。

そうやって過ごしていると、だんだんと他人にも同じようなことを求めてしまうようになりました。他人にもNG!を出すようになった気がします。

この人はこういう性格だから、NG!だ、受け入れられない、仲良くしてはいけない、と そう思うようになっていったような気がします。

この一連の流れを繰り返すことで、どんどん、物事の悪い面しか見えなくなりました。

過去のことも、良いことに目を向けることができず、ずっと悪い面を探していたように思います。

そして、これまでの自分の考えが正しかった、ということを証明するかのように、

「ほら、過去に悪いことがあった。私の考えは間違ってなかった。」

「今もこれだけ悪いことがある。やっぱり私は不幸なんだ。」と

自ら進んで不幸の道を進んでいたように感じました。

今、この文章を書きながら、なんて自分は悲しくて残念な人間だろうと、涙が出てきました。

私の周りにあるのNG!の部分しか見なかったことで、どれだけたくさんの幸せや暖かさを見逃していたんだろうと・・・。

そう思うと、とても悲しい気持ちです。

そもそも、NGを作り出していたのはほかでもない私自身で、きっと世の中には、OKだけのこともNGだけのことも存在しないのかな、と、今はそう思えてきました。

今は、あべさまがお伝えしてくださった、

誰の人生においても、棚ボタラッキーもなければ、不条理にひどい目にあうこともないのです。

現実のすべては心の投影で、私たちの思考や心が現実を作っているのです。

人のせいではなく、いいことも悪いこともすべて自分のせいなのです

というお言葉が、すんなりと心に染み込んできます。

今は、こんな自分にまたNG!を出すことは、一旦置いておいて、そんな自分でも何とか生きてこれたことを、許してあげてもいいかな、と思います。

お伝えしたかもしれませんが、実は去年くらいまで自殺しようと思っていたことがあったので、それでもこうやって生きてきたことや、このようにあべさまのような方との出会いがあったことを、今は喜んでみたいと思います。

あべさまがおっしゃるように、私は本当に変わっていて、見た目が普通に見えるらしく、私のことを知っていくと余計に変わり者扱いされて離れていく人がたくさんいるのですが、あべさまのように、変わり者が好きだ!と言ってくださる方がいて、とても安心しました。

私のような人間でも、生きていていいんだ、という救われる思いです(^-^)

良いことも悪いことも、すべて自分で選択することができる人生だということに気がつくことができたのは、ほんとうにあべさまのおかげです。ありがとうございます。

自分で選べる、ということは自分の人生は自分で決められるということにも結びついてくると思うので、すこしずつ、これまでのサイクルから新しいサイクルに変えていくことにチャレンジしていきたいなと、思っています。

悲しいことだらけの人生よりも、楽しい人生の方がやはり良いので、幸せになれるように、楽しく生きていきたいですね。

~中略~

これから、生きていくために仕事を選択することから始まり、様々な選択の場面に直面することがたくさんあるかと思います。

落ち込んだ時や迷った時には、また是非、あべさまからの鑑定や、メールなどを読み返して、ひと呼吸おいてから、歩き出したいな、と思っています。

これまでに不幸になることに一生懸命だったので、今後は幸せに向かって、一生懸命に進んでいきたいと思いました。

いつもあべさまのブログからは、勇気や元気、そして真実を教えてもらっている気がします。私もなにかしらお力になれれば嬉しいです。

これからも応援しています。

----------------------------------------

本当に、現実のすべては自分の心の投影なのです。

実際に起きることもそうだし(自分が引き寄せているので)、起きたことを見て解釈するのも自分なのでね。

現実を変えたいなら、自分を変えるしかありませんね。

そして、自分は変えられるし、未来は選べるのです。

みなさんも、どんどん自分に向き合っていただきたいなと思います。

私もいまだに気づきの連続です。

これからもさらに自分のブロック解除に取り組んで、エネルギーをもっともっとクリアにしていきたいと思います。

今日はそんな感じでした。

ではでは、また~^^

 

2013年8月29日木曜日

6月南西吉方位旅行の膿出し



こんにちは、あべけいこです。

先日、6月の吉方位をとって7月頭に南西の吉方位旅行に行きました。

そう、私が携帯をなくしてフリー!な4日間を過ごした、天河~熊野~高野山の神社巡り開運旅行です。


国内旅行で効果が出るのは4ヵ月後ということが多いです。

そして、その少し前、だいたい3ヵ月目くらいに膿出しが起きます。

膿み出しは「んん??」という、普段あまり起きないようなことが、ポコン、と起きるのでわかりやすいです。

方位によっては膿出しがわかりにくい場合もありますが。


私が今回とったのは、南西に四録木星が回っている吉方位。

南西は安定運、家庭運、地に足がつく方位。

四録木星は人間関係、縁全般、結婚運の方位。


そして、南西の膿出しは、やる気がなくなる、胃腸のトラブル、太る、おばさんぽくなる、怠惰になる、などなど・・・。

四録木星の膿み出しは、嫌な噂を流される、人間関係のトラブル、ネットのトラブル、風邪を引く、喉を痛めるなど。


でもって、ちょうど3ヵ月目にあたる今月(行った月を1ヵ月目と数えます)・・・見事に膿出しがやってまいりました

はい、今回の膿出しは、人間関係でしたね。

つまり、四録が効いてるってことですね!


本当に、四録木星、または東南を取ると、人間関係でモメます。

ふだん、人間関係に関するトラブルがほとんどない、ことなかれ主義な私(笑)。

ところが、四録または東南を取ると、まあ、見事なくらいモメます。

むしろ、四録か東南を取らないとモメないので、「あのときあの人とモメたな」とかいう思い出は、だいたい方位旅行とかぶります(笑)。


そして、面白いのは(まあ、膿み出しなので当たり前といえば当たり前ですが)、そのモメた相手とは、縁切れてむしろよかった!ということがほとんど。

縁が切れてよかったとまでは思わなくても、別に縁が切れたり揉めたりしても、別にいいかな~という相手です。

膿出しってよくなるために起きることなので、その時は焦ったり嫌な思いをしても、結局よくなるとか、人生の本筋には関係ないから平気なんですよね。

今回も、同時発生的にいくつかの人間関係トラブルが勃発し、「ああ、立て続けにこんな・・・」と思った瞬間、ああ~膿出しきたわ~と。

嫌な半面、ちょっと面白かったですね。

いや、もちろん、もう~~~~サイアク!!とは思うのですが、一方で、「効いたわ」と思うのでね。

膿出しが起きたときは、「あぁ、運を上げるためにこんな嫌な思いをしないといけないの??」とかって思うんですけどね、その後にやってくるよいことが、それを確実に上回るので、やめられないんですね~。


私はセミナーとか鑑定とかで、方位やそのほかの開運術をお教えしているのですが、ときどき「こんな科学的根拠のないことを、私を信じ切っているこの方々に、さもさも話していいのだろうか??」なんて思ったりすることがあります。

しかし、自分の過去の履歴、友達の体験、旦那や家族の体験を振り返ると、いや~、やっぱり効くなと思うわけです。

そして、もっと本当に心をこめて、「こういうメソッドが人生の役に立つ!」とアナウンスしていった方がよいな、と思い直します。


結局ね、エネルギーなんです。

いくつか前のブログにも書いたけど、その人の内側=エネルギーが、現実を創るわけです。

普段の生活のままでいると、そんなにエネルギーって変わらないんですね。

すると、努力して外側を変えようとしても、なーんにも変わらない、疲れるだけ、ということになってしまうわけです。

まあ、エネルギーはいろいろなことで動くし変わるから、たとえばちょっとしたセミナーに行って気づきをもらったことでも変わります。

それによって現実も変わります。

でも、やっぱりセミナーや普段の生活の中での気づきってわずかですよね。

どうせならもっと積極的に働きかけて、もっと効率よくエネルギーを変える動きをする。

すると、大きな変容があり、自分が変わり、起きる出来事が変わり、人生が変わっていくんですよね。

その手法として効果が大きいのが、方位術なんですよね。

自分にとってよいエネルギーを取りに行く・・・という。


しか~し!

やはり、それだけじゃなくて、住まいのエネルギーもすごく大事だ、ということを、私は声を大にしていいたいですね。

毎日寝起きする場所ですから、そこにしみついたエネルギーがイコール自分のエネルギーなわけです。

やっぱり、よい気の土地、よい家相の家に、しっかり掃除して無駄な荷物を持たずに暮らすことが、大きな開運術の一つ、と思います。

これだけで、開運旅行よりよっぽど効くかもしれません。

このうえで、さらに開運旅行に行くと、どんどん運気が上げられるのです。


それにね、たとえその家の気が悪くなかったとしても、長く住んでいるとエネルギーがこう着しちゃいます。

だから、人生を変化させようとしても、なかなか変わっていかないわけです。

良くも悪くも、今の生活の続き・・・のような。

大きな変動はあまりない。

だから、運を本当に大きく変えたいなら、私は断然引っ越しをオススメするんです。


いってみれば、引っ越しは手術。

方位旅行はその後の投薬。

みたいな感じですね。


長年同じところに住んでいる方は、引っ越しをすると、本当に運が動きます。

ばさっと悪いエネルギーは切り捨てちゃって、よいエネルギーが回る方位、よい気を放つ土地、よい家相の家に住む。

それから、開運旅行に出かけると、さらにプラスオンされて、じわじわ・・・、でも確実に・・・運が上がって行くんですね。


引っ越しも、金函玉鏡も奇門遁甲も気学も、距離も日数も関係なく、「開運です」と聞くと、同じくらいの効果だと思っていらっしゃる方は、意外に多いかなと思います。

でも、効果の大きさはけっこう違うんです。

引っ越しすると、一番大きな効果が得られます。

海外旅行に長く行くのもけっこう大きい。

その次は国内旅行。

・・・みたいな感じ。

奇門遁甲と金函玉鏡はまた出方が違うので、単純にどっちが大きい小さい言えないんですが・・・。

これらをうまくブレンドしたら、い~い感じに運が上がっていくと思います。


あとは、開運には、自分の内側を変えてブロックを外すことがすごーく効果があるのですが、これについてはまた書きます!

引っ越した後に起きた出来事の実例なども、おいおい書いていきたいと思います。


ではでは、また~^^

2013年8月28日水曜日

藤圭子さんの死とグランドクロス

こんにちは、あべけいこです。

さきほど、金星、木星、天王星、冥王星のグランドクロスについて書きました。

「影響がある人は、太陽星座だったら・・・」のところに、「7月2日~5日」と書いたのですが、先日お亡くなりになった藤圭子さん、お誕生日が1951年7月5日でしたね。

亡くなったのは、8月22日。

ちょうど、このグランドクロスの影響が始まりだしたときでした。

藤圭子さんの太陽の度数は蟹座の12度。

まさに、このグランドクロスの影響を受ける場所にありました。

ホロスコープを拝見すると、太陽と天王星の合のほぼ真上に木星が位置したときに、身を投げられたようです。

もともと藤圭子さんのホロスコープは、なんというか・・・とっても苦しそう。


藤圭子さんのホロスコープ。1951年7月5日生まれ。


太陽と変化の星・天王星が重なっていて、そこに木星と海王星が90度(凶角)でT字をつくっています。

生まれた時間が朝方であれば、月も太陽のそばにあり、このT字にゆるくかかわっていきます。

エキセントリックで、変わっていて、孤独で、自由を求めて、気分の変化が激しく、行き過ぎたりやりすぎたり、妄想癖があり、やたらと人がよくだまされやすいところ、ウソつきで簡単に人をだますところ、誇大妄想狂なところ・・・そんなところがある方です。

この太陽はムーブメントを作りだすドラゴンヘッドと正確にトライン。

人気やブームを引っ張る人です。

蟹座の新月生まれで、水星も蟹座。火星も蟹座ですね。

家族や親しい人を深く深く愛し、徹底的にかかわり、自分の身を投げ出すほど世話を焼きます。

それだけに愛情が憎しみに変わることもあるでしょう。

神経過敏で感受性が豊か、直感力が鋭く、感情の起伏が激しい。

ヒステリーのようになったり、気持ちが悪いほど家族や親しい人に愛情を注いだり。

差が激しすぎて、周りの人はついていけなかったでしょう。

天才肌というか・・・芸術家というか・・・本当に、奇人と偉人は紙一重のホロスコープです。

わずか18歳で記録的な大ヒットというのもわかりますし、その後の奇行や精神的病というのも本当にわかります。

こんな自分を持て余して、すごく苦しかったんだろうと思います。

パッと見ても、そんなところが簡単に読み取れる、とてもわかりやすいホロスコープでした。


そして、前述したように、太陽と天王星の合の真上に木星、対向に冥王星、90度(凶角)に天王星が並んだときに、身を投げた。

まだ金星は少し度数が浅く、このグランドクロスにはかかわっていませんね。

でも、天王星と木星がほぼ正確に90度(凶角)をとったときでした。

これは、本当に衝動的な行動だったと思います。

2013年8月22日6時の星の配置とあわせた図。

もともと太陽と天王星の合は、独立性や変人気質と同時に、衝動性を表します。

ピンとひらめいたら突発的な行動をとって周りを驚かせる、みたいな感じですね。

ここに拡大の星・木星が乗ったこと、また突発的な行動を起こさせる天王星が凶角の配置をとり、なおかつ藤さんの生まれつきの木星の真上に乗ったことなどから、衝動性が一気に拡大し、「死にたい!」という強い感情を抑えられなくなったのでしょう。

また、破壊と再生の星・冥王星は対人の場所から太陽を刺激。

何か、妄想的な圧迫感、得も言われぬ恐怖、責め苦のようなものを感じたとも思います。

ただ、この行動は皮肉にも、宇多田ヒカルさんのコメントにあったように「長年の苦しみから解放される」ためでもあったように感じます。

以前も、まったく別の方ですが、長年うつ病を患っていて、太陽の上に木星が乗ったときに、やはり自殺をされた人がいました。

苦しい、死にたい、でも死ねない、の繰り返しから解き放たれた、完全に自由になれた!と思った瞬間だったのかもしれません。

でも、肉体は死んでも魂は生き続けますから、結局は苦しさから逃げられないのですが。

より苦しみとカルマを増やすことにつながり、また同じ課題をクリアするまで、同じような苦しい人生を歩まざるを得なくなります。

自殺はだから、すごく無意味です。


もう一つ、面白いことにこのとき、藤圭子さんの太陽とドラゴンヘッドの吉角に、現在天空を運行中のドラゴンヘッドと木星が吉角でアクセスし、グランドトライン(大三角形)を形成していました。

ドラゴンヘッドは前述したとおり、ブームや大衆を動かす力を表します。

この配置のおかげで一躍“時の人”になり、マスコミに取り上げられることになった・・・のかもしれません。


そして、この苦しみに満ちたホロスコープは、彼女の心の鋳型、エネルギーパターンそのものです。

お金がなく、ドサ回りをしていたときは、ある意味、現実ともともと持っている心の苦しみエネルギーがマッチしていて、「お金がないから苦しい」ということで理由づけができ、バランスが取れていたのかもしれません。

でも、宇多田さんが大ブレイクしてお金がたくさん入ってきて、「苦しさの理由」がなくなってしまったとき、逆にバランスを崩してしまった。

そして、苦しい心のエネルギーはそれと同調する現実を求めますから、バックに大金を詰め込んであてどなく世界中を旅し、ギャンブルに何千万円も使う、という安定感に欠いた人生を選ばざるを得なくなったのだと思います。

苦しい人生を心がつくり出したいから。それを求めているから。

到底、満ち足りた幸せな「家族と過ごすNY生活」なんていう人生は選べなかったのでしょう。

心の内側が現実をつくるので、どんなに外側がよくなっても、結局はこんな風に破壊行動に出てしまうんですね・・・。

藤圭子さんは、どこにいても、何をしても、心が満たされることはなく、いつでも苦しかったと思います。


今朝方書いたブログの内容とリンクしますが、こんな風に心のエネルギーは現実に作用してしまうんです。

だから、苦しい人生を送っている人は、本当に自分の心と向き合うようにしてくださいね。

努力して今の現実を変えれば幸せになれる!とは思わないで・・・。

それは無駄な努力です。

心に向き合うことをしてください。


今日は思いっきりブログを書いた日でした・・・。

このグランドクロスの影響??(ちがうと思いますが)

ではでは、また~。

2013年8月27日火曜日

金星・木星・天王星・冥王星のグランドクロス

 


こんにちは、あべけいこです。

本日2回目の投稿・・・。

というのも、あることを思い出したから。

あること、というのは、現在の星の配置について、です。

今ちょうど、天空で、金星、木星、天王星、冥王星がグランドクロスを作っています。

金星と天王星が正確に向かい合ったのは、今朝方、東京で3時頃ですね。

この配置が強く影響するのは8月23日~29日頃です。


さて、このグランドクロス、どんな配置でしょう。

ハッキリ言って、よくはありません。

というか、悪い人にとってはめちゃくちゃ悪い。

もともと「グランドクロス」というのは、4つの星が90度(凶角)をなして作られるもの。

2つの星が90度(凶角)となるだけでも、場合によってはどでかい影響があるものですが、これが4つ、しかも、天王星と冥王星という動きが遅くて強烈な働きをする星と、木星という良くも悪くも拡大する星をからめてですから、けっこうな影響力があると思います。

金星は、美と楽しさ、恋愛、お金などをつかさどる星。

この星に対して、木星がやりすぎ、天王星がびっくりやハプニング、冥王星が強烈な破壊をかけてきますから・・・。

たとえば、恋愛でアプローチしすぎて大失敗。完全に関係を破壊してしまうとか・・・。

遊びが過ぎて大失態、強烈な悪印象を残す、人との関係が壊れる。

信じられないことに大金を注ぎこんでしまう。

美容整形に失敗して顔面崩壊・・・。

なんてことが起きたりします。

恐ろしや・・・。


もちろん、すべての人にこんなことが起きるのではなく、このグランドクロスが、自分のホロスコープ上の動きの速い星にかかわってきたとき、影響を受けやすくなります。

惑星でいえば、太陽とか、月とか、水星とか金星とかね。

太陽なら仕事や公の場、人生の目的に関すること、月ならプライベートや体、体調面、水星ならコミュニケーションや言葉、勉強など、金星なら恋愛やお金など。

このグランドクロスは、活動宮(山羊座、牡羊座、蟹座、天秤座)の12度近辺で起こります。

この場所に星がある人は要注意!ですね。

・・・といっても、自分の星の度数がどこだかわかっている人は少ないですよね。

太陽星座でいえば(生まれた年によって変わりますが)、だいたい12月31日~1月3日、3月31日~4月3日、7月2日~5日、10月3日~5日くらいの誕生日の人でしょうか。前後1日くらいは範囲かもしれません。

月や金星などが関わっているかは、ちょっと個人でのホロスコープを見ないとわからないですね。


もう突入しちゃっていますので、すでに「あちゃー!!」という体験をしてしまった人もいるかもしれませんね。

私の知人は、月が蟹座の12度にあり、まさにこの星たちが示す通りの出来事にあって泣いていました。

美とお金に関するトラブル、です。

ぴったりの度数だったので、ぴったりの出来事が起きたんですね・・・。

ぴったりすぎて、私のほうがびっくりしてしまったくらい・・・。

方位の効果か?と首をひねったのですが、あまり原因が見つけられなかったら、星のほうだったか・・・と。


ともあれ、何事も行動は慎重に。

恋愛行動も、買い物も、美容ケアも、この時期が過ぎ去ってから行うようにしましょうね。


ちなみに、これらの星をプラスに使う方法は、“意識改革”です。

普段と違うことが起こりやすいので、それを機に、自分のこれまでの考え方や行動、パターンなどについて考え、違うやり方にシフトしてみることを考えてみる。

すると、よい転換のきっかけがつかめるかもしれません。


ではでは、また~^^

幸せな未来を選択するカギ

こんにちは、あべけいこです。

昨晩、私の敬愛するヒーラーの恒美麗子さんとご飯を食べました。

事後(笑)。おいしいフレンチだった!

これまでもブログではたびたび彼女のことに触れていますが、本当に私は彼女が大好きで、なおかつ尊敬していて、そして恩人です。

子供の頃から人のエネルギーが見えて、そしていつでも上とつながっているお方。

私が“神”とあがめるクレッグさんと同じエネルギーを感じます。

それは“愛”。

高次の愛のエネルギー存在なんですね・・・肉体をまとった。

クレッグさんと同じように、エネルギーを下ろせて、ブロックをはずことや肉体・エネルギー体のヒーリングができて、そしてセッションでは「占い的なことや未来予知はしない」というのも同じ。

人にゆだねていては自分の内側が強くならないから、「こうしたほうがいい」とか「こうなる」といった、依存につながるようなことは言わず、ただ、その人が“真の自分”で生きられるよう、よりよく変わっていける方向にエネルギーを調整する、というセッションを行っています。

これもやっぱりクレッグさんと同じだなあと思います。

人気や繁盛のためには、お客さんが求めることを提供してあげたほうがいい。

多くの人が求めることは、未来予知やどっちを選んだらいいか?という判断。

でも、あえてそこに行かず、「本当にその人にとって必要なもの」を提供しようとする姿勢、信念を素晴らしいなと思います。


そんな彼女のお手伝いをこれからさせてもらうことになりました。

上からのメッセージを言葉に直して、文章にして伝えることや、セミナーのレポートを書かせてもらうことなど・・・。

この先、もっといろいろ広がっていくかもしれません。

彼女は完全に感覚の人なので、ワッと降りてきたメッセージはイメージというか、“わかる”という感覚で入ってくるので、それを言葉に変換するのが難しいそうです。

私なら・・ということで声をかけていただいて、嬉しい限り。

基本的には彼女のHPでメッセージはアップしていきますが、私もブログでどんどん彼女から得た情報をお伝えしていきたいなと思います。


というのも、私は本当に彼女に助けられたんですね(ほかにもクレッグさんやエル先生やいろいろな人に助けてもらいましたが)。

かつての私は毎日がつらくてつらくて。

肉体的にも自分をいじめてヒーコラいってて。

毎週末に更新される、ジョナサン・ケイナーと石井ゆかりさんの占いだけを拠り所に生きてて(笑)。

いいことが書いてあるから、きっと大丈夫!みたいな。

そんな自分が今、本当に幸せな心で生きられるようになって、この、心に苦しさがなく生きられることの素晴らしさに感動していて・・・。

だから、かつての私と同じように、心に苦しさを抱えて生きている人に、変わるきっかけを提供したい!!と心から思っていて。

ブロックをはずして、エネルギーを変えていくことが、心に安らぎをもたらしてくれ、幸せな現実を創るということが体験を通してよくわかったので、そのような機会をたくさんの人に得ていただきたい・・・と。

彼女からの情報をメッセージとしてお伝えすることで、苦しんでいる人の助けに少しでもなるのではないかな?と思うのです。


私自身も“ライフアップコーチ”として活動していますが、いろいろな方の手法や考えを取り入れることで、より立体的に改善が行われると思う部分もあります。

答えは一つではないし、見え方も一つではなくて、「あの先生がみえているのはここからで、この観点に立って話をしている。でも、同じ話もこっち側からみるとこういうことになる」みたいなことは往々にしてあるので。

より多面的に考え、複合的な意見や見方を取り入れることで、より理解が深まったり、より多くの人の助けにつながる情報を提供できるかなと思っています。

なので、今後は、恒美さんの活動をお手伝いしながら、ほかの先生ともコラボをしていったり、いろいろとやっていきたいな~と思っています。

なんか話がそれたけど・・・??

まあいいや。


で、前置きが長かったのだけど(これ、前置き!?)、私が本当に書きたかったのは、恒美さんが昨日話してくれた「アセンションエネルギー」について。

数年前から彼女は「これまで地球になかったエネルギーが入ってくるようになった」と言っていて、それに反応した人が精神的に不安的になったり、肉体的に影響を受けて病気になったりしている」ということを言っていたんですね。

そして昨年、ついにアセンションが起きました。

まあ、アセンションがある日突然起きた・・・というわけでなく、昨年をピークに、この「変化のエネルギー」が多く地球に流れ込んできた、ということだと思います。

で、もちろんまだ我々は、このアセンションエネルギーに慣れないのでね、格闘することで、精神的な不安定さや、生活の変化、体調の変化などを経験しているわけです。

でも、このアセンションエネルギーは、そういうネガティブな作用をするばかりのものではなく、私たちの体に染みついた「エネルギーのパターン」を一気に変える働きをもしてくれるそう。

エネルギーのパターンとは、過去世から繰り返してきた「心の鋳型」ですね。

たとえば私なら「女性の悲しみ」「愛されない、真実の愛をつかめないという思い」「自分を許さないという罪悪感」とかね。

このエネルギーパターンに沿って人生が進んで行くから、どんなに頑張っても幸せになれない。

人はみなあるエネルギーパターンを持っていて、何回生まれ変わっても同じような人生を送ってしまうことが多いそうです。

これまでは、そのエネルギーパターンを変えることは難しかったのだけど、このアセンションエネルギーを使えば、一気に手放すことができ、どんどんよい方向に変わっていくことができるのだそう。

なので、「自分を本当に変える!」と決意していただいて、外側や状況を変えようとするのではなく、心の内側にフォーカスしていって、エネルギーブロックを解放するさまざまな手法を使うなりして、「古いパターン」をどんどん手放していってほしいなと思います。

それこそが「アセンション」であり、本当に幸せと喜びしかない世界を生きることにつながるんですね。

彼女と話をしていて、そんなことを強く思いました。


未来は選べます。

どうなるのか?でなく、どうするのか?です。

苦しみと後悔に満ちた5年後、10年後を送るのか、喜びと感謝に満ちた5年後、10年後を生きるのか・・・今の選択でどちらの道にも行けるんです。

私も、本当に一歩間違えば、まだ苦しさの中にいて、不本意な結婚と仕事と人生を抱えたまま、どうしたら幸せになれるのかしら?と不毛な努力を続けていたかもしれません。


喜びと感謝に満ちた未来を選ぶカギは、自分にフォーカスすること、自分の内側を変えていくことです。

現実に嘆いたり、何かを追い求めるのではなく、心の内側にトコトンフォーカスして、ブロックをはずしたり、エネルギーパターンを変える、ということをやっていっていただきたいなと思います。


やり方はいろいろあります。

瞑想でもいいし、チャクラクリアリングでもいいし、ヘミシンクでもいいし、自分ではわからないなら、ヒーラーの手を借りてもいいです(ただし人を選ぶ必要ありですが)。

今はたくさんの情報があふれていますから、本屋に行ったり、インターネットで調べたりすれば、心やエネルギーを癒す手法はたくさん手に入ります。

するもしないも、その人の選択です。

人生は自分の希望通りに創っていけると、私は本当に心から思います。

自分自身の体験を通して。

幸せな未来を共に生きましょう!!


今日はそんな感じです。

ではでは、また~^^

2013年8月26日月曜日

ブロックがはずれる夢の続き

こんにちは、あべけいこです。

「また明日書きます」と書いてから早2週間・・・。

ご無沙汰してしまいました!!!

すみません・・・。


書きたいな~と思うことが、本当にたくさんあるのに、どんどん日にちが過ぎていって、「何を書きたかったんだっけ??」と、もう過ぎ去ったことはすぐ忘れてしまって・・・。

毎日これからは書きたいな(希望)。


いや、でも、ここ2週間でもブロックがどんどんはずれて、いろいろと新しい状況になっております。

気づきもたくさん。

メッセージもたくさん・・・。

私もさらに変化していっていて、毎日ブログを更新できる日も間近かも!?

意味わかりませんね・・・。

書けばいいだけだって。

まあ、このあたりのことはおいおい。


ともあれ、前回のブログの続きを書きます。

予告だけで引っ張りすぎだって。


「ブロックがはずれる夢」について。

「ブロックがはずれる夢」とは?

それは、過去世の体験で、現世のトラウマや恐れ、ブロックとして残っているエネルギーが解放されるときに見る夢です。

そんな定義はないのですが、私の場合、そのような体験をしばしばするので、勝手にそう名付けました。

なんでブロックがはずれる夢とわかるか??

それは・・・

1)とってもリアル 

2)明らかに今より時代が古く、なおかつ恐ろしい体験 

3)「ぎゃー!!!」という、心臓が凍る体験をした瞬間に飛び起きる(このパターンでないこともあります)

4)その体験から思い起こされる、自分の変えたかったところ、「なぜこうしてしまうんだ?」とこれまで不思議に思っていた部分がある

などから。

ブロックが外れる夢には、この4つが必ず含まれているんですね。

そして、朝起きた瞬間、わかる。

あ、このパターン、ブロックが外れる夢だ、と。


「あ!この夢は!」と思った瞬間、考えます。

「ブロック外れるようなこと何かあったっけ??」

考えると、100%、エネルギー的に何かやってます。

前日もしくは数日前に。

「あ~、あれやったからだ。効いたわ」みたいな。

まず多いの、クレッグさんね。

セッション、もしくはセミナーに行って、ブロック解除してもらっていたとか。

穴口恵子さんの遠隔ヒーリングでも、受けた翌朝、ブロックが外れる夢をみたことがあります。

あとは、最近ではHRTね。

ヘミシンクでもあるかなあ・・・。


クレッグさんは、「ヒーリングのグローブをエネルギーに置く」というヒーリング方法もされていますが、これをしてもらったあとにブロックが外れる夢を立て続けに見たことがあります。

以前、セミナーで参加者のブロックをはずしてくれたとき、私が緊張してしまったことがあって、そのときにクレッグさんは私のエネルギーの上にヒーリンググローブを置いてくれました(あとで聞いたところによると)。

ゆっくり私のタイミングで時間をかけてブロックを解除するように、という意味合いだったそう。

その後、3日間連続で悪夢を見て飛び起きたんですね~。

これがまさにブロックがはずれる夢だったんですね。

過去のブログに、過去世でなく子供の頃の体験のブロックがはずれる夢についても書いてましたね→コチラ



前置きが長くなりましたが、今回のブロックがはずれる夢とは・・・。

中東、イスラム圏のどこか(夢の中で(確か)リヤドという都市が出てきたので、サウジアラビアかもしれれません)で、私は13歳くらいの少女でした。

寮なのか、宗教施設なのか、収容所なのか、そんなところで同じような年頃の子供たちと寝起きを共にしていました。

1部屋に2人。

私と相部屋の女の子と、あとは男の子2名か3名(これは同じ施設の別の男子寮のようなところから来たようなイメージ)、たぶん5人で、大人から説明を受けています。

ここを卒業していく。

人間の肉体はなくなるが、神と一体になる。

それは素晴らしいことで、光栄なことである。

そんなような話。

私は、自分の肉体が消滅して神と一体になるってどういうことなんだろう?どんな体験なんだろう?と想像してみるが、まったく想像がつかない。

大人は「素晴らしいこと」のように言っているが、そしてほかの子たちは当たり前のように聞いているが、私は怖い。

「その瞬間」を想像するだけで恐ろしい気持ちになる。

―これはおそらく、神のために身をささげて死ぬこと=殉教すべきときが来て、その説明を受けているシーンと思われます―

その後、自分たちの部屋の荷物を整理している。

ここを出ていく=殉教するので、何もかもないように綺麗に。

ひと抱えの荷物だけ持って、ほかの部屋の子とお別れをする。

「ああ、卒業なんだ・・」という感じでほかの子たちは悲しむでもなく別れを告げる。

私と同室の子は、ひと抱えの荷物を持って、目配せをし合ってそこからの脱出を試みる。

平静を装って、指示された場所に行くふりをして歩き出して、宿舎から出ていく人の波にまぎれてすーっと出ていく。

通りに出て、逃げるには、右に行くか、左に行くか??迷う。

一番近い大きな街はリヤド、それは右(あるいは左)、その反対方面には○○という街(聞いたことのない街で忘れた)。

とりあえず、右に折れて道を歩き出す。

平静な顔で、逃げ出したことがばれないように。

早く、早く、気付かれないうちになるべく遠くまで行かなきゃ・・・。

道の途中、茶屋のような店があって、そこに入る。

追っ手の人は来ないだろうか??ばれないだろうか、逃げてきたことが??

不安になりながらも、平静を装って茶を飲む、二人で。

どうしよう、逃げ切れるだろうか、お金もないのに、歩いていくしかない、この砂漠のような砂埃だらけの道を・・・。


見つからないか焦って、どきどきしながら逃げている、その不安とはやる気持ちを抱えたまま目を覚ましました。

あああ~・・・。

ドキドキドキ・・・。

深呼吸・・・。


夢はこれで終わりでしたが、おそらく逃げ切れなかったのでしょう。

追手に見つかって捕らえられ、連れ戻されて、結局恐怖に打ち震えながら死んだのだろうなと思います。

一緒にいた子は、元スタッフのSさんでした。

私がいた施設が何なのかわかりません。

身寄りのない子供たちが集められている場所なのか・・・。

あるいは、クレッグさんが「レイプされて施設に送られた」と言っていた施設なのか。

イスラム圏では、レイプされると女性が罰せられるようですね。

いまだに、若い女性がレイプされて罪に問われて石打ちの刑で殺された、なんてニュースをときどき目にします。

レイプさせるように仕向けた女が悪い、なのか、男を誘惑する悪魔が乗り移っているから退治する、なのか・・・そういうことらしいです。

クレッグさんが「レイプされて施設に」と言ったとき、「なぜに?レイプされた側が?」と思ったのですが、イスラム圏ならさもありなん。


そして、私の中に根強く“自由へのこだわり”というものがあります。

とにかく強く「自由でいたい!」と思うのです。

自由でいることに執着というか、固執して、それがゆえに、前の結婚でもその前の結婚でも、夫に養ってもらわなかったからな・・・。

なんか、お金を出してもらうと、自由に好き勝手できなくなるような気がして。

完全に自分の自由を確保したいがゆえに、仕事に走って金稼がなきゃ!と思っていて、一銭も生活費もらいませんでしたね、お小遣いも・・・。

結婚しても、車に乗って、夜中でも朝方でも好きなときに好きなところに行ける自分サイコー!と思って、びゅんびゅん一人でドライブしてたり・・・。

そのとき思うことは「私は自由だ!」でした。

これは、おそらく、置き屋の娘だったときの囚われの身の過去世の影響もあるのでしょうね。

ほかの過去世でもそういうことがあったのかなあ。

とにかく、このブロック外れる夢からは、何か支配や囚われることに対する恐れを感じました。


「自由でいたい!」と思うことは、それほど大きなブロックではないように感じますよね。

この「自由でいたい!」という思いと同時に、自由になりきれない自分がいたのかなと思いました。

「こうすべき」「こうしなくちゃいけない」という、無意識のうちに、何かに従おうとする自分。

不自由だからこそ、それに抗うために自由にこだわっている。

でも結局、自由になりきれていない・・・。


このブロックが外れる夢と関連してるのかなあ?

最近、「ん?変わった??」と思うことがありました。

それは「好きに生きていいんだ」と思ったこと。

もちろん、好きに生きているのですが・・・なんというか、好きに生きているはずなのに、どこか「やらされてる感」がいつもあったのです。

「ああ~、あの仕事いつまでにやらなくちゃ・・」とか「もうライター仕事完全に辞めたいのに、そうもいかないしなあ」とかぶちぶち思っている。

だいたいいつも、ああ~、完全に自由になりたい・・・何ものにもとらわれたくない・・・と思っている。

ふとそのとき、「誰もやらせてないよ?」「自分で選んでるんでしょ?」という思いが降りてきて。

あれ?「確かに!」と、妙に納得。

そうだ、誰も強制してなかった・・・。

勝手に自分で選んで、自分で決めつけて、「こうしなきゃ生きれない」って思いこんでいただけだった・・・。

自分で自分を殻に閉じめていただけだったって。

「ああ、やめていいんだ」「この生活選んでいるのは私で、選ばなくてもいいんだ」「どう生きてもいいんだ」って、またもや本当に当たり前のことなのですが、そんな気持ちになったのでした。


それって、なんというか「受動的」な自分、でした。

「こうすべきだからこう“させられている”」みたいな。

自分で選んでいるのではなく、選ばされている。

こうしたいからするのでなく、すべきだからしている。

こんな風に生きたいでなく、こう生きるべきだからこの生き方を選んでいる。

無意識で、気がつかなかったのだけど・・・。


この考え方のクセは、ある朝突然、気がついたことでもあります。

トイレに入りながら「ねえガイド、私のすべきことってなに?」と聞いてたんですね。

私はどう生きるべきなのか・・・。

ヒーラーなのか、ライフアップコーチなのか、作家なのか・・・どれなの、教えて?みたいな。

そのとき「は!」と。

「どう生きるべき、でなく、どう生きたい、でいいんじゃない?」と突然ひらめいた。

作家になりたいならなればいいし、小説家目指したいなら目指せばいいし、何か「決まっている未来を教えて?」という気持ちにいつもなってたけど、「どこの未来に行きたいんですか?」という話じゃないかと。

そう考えたら嬉しくなって「そうだ、どう生きてもいいんだ!どう生きるべき、じゃなくて、どう生きたい?」だ。

「じゃあ、作家になる!私はやっぱり作家になりたいし、小説書きたい!」と。

誰も制限してなかったのに・・・。

なんか、「ヒーラーなのかな?」みたいな、決定権人任せみたいな・・・。

すでに未来が決まっていて、「ふーん、こうなるのか」と思ったらそれに合わせる、みたいな感じでした、いつも。

すごく受動的。

そうである限り、100%満足のいく、「これだ!!」「生きてきてよかった!!」という人生を送れないんだ、結局。

それに気がつきました。

100%の生き方をするには「すべき」じゃなく「したい」なんだ。

受動的でなく、能動的。

すると、枠がなくて、どんどん大きく広がっていける。

「したい」という純粋な思いはエネルギーがにごらないから、どんどんまっすぐ広がる。

それが、豊かで幸せで満たされた、自分を満足させる未来を創るんだなって。

なんか、そんなふうに気づいたのでした。


いつも、コラムとかブログでは「自由でいいのです」とか「べきでなく」とか言ってるわりに、自分がとらわれてました~(汗)。

まだまだこのエリアのブロックは残っていそうだけど、粛々と取り組み、完全に自由になるわ!!


ブロックが外れた夢からなんか離れてしまいましたが・・・。

今日はそんな感じでした~。


そして、予告をしても無意味なので、するのをやめます。

(自由だ!)

また書きます~。書きたいときに!

ではでは~^^