ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年3月30日土曜日

フジテレビ・長谷川豊アナウンサーの退職と方位効果の関係性

先日、フジテレビ・長谷川豊元アナウンサーのNY支局での滞在費不正使用が問題になり、結局、退職されたというニュースが報じられましたよね。

こういう報道があると、すぐに頭をもたげるのが、「凶方位の影響!?」という疑惑。

もちろん、調べましたよ。

そして、納得…。

やっぱりな、という結論。

これだから方位効果は侮れないし、おもしろいなあと思ってしまうんですね。


長谷川豊さんは1975年8月12日生まれで、九星気学では本命星が七赤金星になりますね。

そして、2010年9月16日付でNY支局に移動となっています。

NYは、日本からみて東北方位となりますが、2010年は年盤が暗剣殺という大凶方位でした。

おまけに、9月の東北方位の月盤は七赤金星で、長谷川さんにとっては本命殺という凶方位。

年月重なる大凶方位でした。

年盤の東北方位の暗剣殺は、思いがけない(悪い方向への)変化ですね。

降ってわいたような災難、驚くような変化です。

そして、このとき年盤にまわっていた星は二黒土星で、安定や基盤をあらわす星でした。

ですから、思いがけない悪い変化によって、人生の安定や基盤が失われる、ということになります。


そしてもう一つ面白いのが、月盤でまわっていたのが七赤金星ということですね。

七赤金星の主だった象意は、お金、恋愛、遊び。

本命殺の意味は、自分の間違った行動によって失敗するとか運を下げるとかですね。

つまり、遊び好きになってお金を無駄に使ったり、お金に関する不祥事を起こしたり、あるいは女遊びが激しくなってトラブルになったり・・・。

自分のこのような間違った行動によって、自分の首を絞めることになるわけですね。

長谷川さんの降格の理由はNY滞在費の不正使用ですから、まさにドンピシですね。

2012年6月の週刊文春の記事には、「以前から女性関係で人事に目をつけられていた」とあり、「降格はお金の不正使用だけが原因じゃないのでは」なんていう報道もあったので、もしかしたら本当に、お金だけでなく、女性問題や遊びも、処分の理由なのかもなぁ、と思った次第です。

大凶方位に約1年半も住んでいたので、効果はかなり大きいと思われます。

通常、年盤の効果は4年~7年をピークに約10年程度影響が出るものですが、これだけ長く住むとどうなんでしょうか??

もう少し影響が大きく出そうですね。

ちなみに、帰国した2012年6月も、月盤は二黒土星で吉だったものの、年盤はやはり暗剣殺。

面白いもので、暗剣で行くと、暗剣で帰ってくることにもなりがちなんですね・・・。

今後の長谷川さんの行く末の厳しさが暗示されているかな~と思います。

本当に海外移転や海外旅行の影響は大きいですから、気をつけましょうね。


余談ですが、少し前にiPS細胞の研究に関して虚偽の発表を行った森口尚史さんていましたよね。

彼は、2012年10月にNYに学会発表に行って、新聞報道がきっかけで嘘がバレて騒動になったんですよね。

森口尚史さんの本命星は九紫火星。

そして、2012年10月のNYには、年盤・月盤両方に九紫火星の星がまわっていました。

同じ星が年月重なるときは「同会」といって、吉も凶も効果が二倍になるんですね。

ですから、このときのNYは、森口さんにとっては本命殺の大大凶方位でした。

変化の東北に、嘘や隠し事がバレたり、注目される、目立つ、という意味のある九紫火星が大大凶方位でまわっていたわけですから、それはまあ、iPS細胞にまつわる嘘もバレるし、それによって悪い変化も起きるわけです。

そして、本命殺は、自分の間違った行動によって自分の首を絞める、という凶効果ですよね。

もう、星まわりのまんま、なんですね。

九紫火星の「目立つ」が、悪目立ちになっちゃったんですね・・・。


あれだけ悪い星まわりで起きた出来事ですから、その後タレントに転身したと報道されてましたけど、うまくいくはずがないと思っていました。

結果は、収録番組が直前で放映中止になったり、どこかに出ようとすると抗議殺到でタレント活動どころではなかったり。やっぱりです。

これもまた、非常に興味深かったです。


海外の方位の出し方ってなかなか難しくて、アメリカの場合、西海岸やセドナ、ラスベガスあたりは確実に東だと考えているのですが(自分や周囲が行って起きた出来事などから確信)、NYは東北だろうと思いつつも、もしかしたら東なのかも・・・と少し迷うところがありました。

でも、これらの出来事を見て、やはりNYは東北だと確信しました。

しかしそうなると、東北と東の境目はどこなんだ??という疑問がまた湧いてきますが・・・。

ワシントンDCより少し下になるヴァージニア州に行った経験から、ヴァージニア州は東のようなので、おそらく、ワシントンDCあたりが境目かなと思っています。

【※2016年1月追記。

その後の方位の検証で、アメリカは全土、東北と東の気が混じりあうという結論になりましたので、セドナ東説を訂正します】

海外方位についてはまた改めてお話しますね。


ではでは、また!




2013年3月29日金曜日

やっとブログが書けるうれしさ

こんにちは、あべけいこです。

やっとこ仕事が整理されてきて、この土日にたまっていて「やらなければ…」と思っていたことをえいやーとやってしまえば、なんとかリズムを取り戻せそうです。

よかった。

とか言いながら、そうこうしているうちに、また次の仕事が入ってきたりして、いつでも小忙しいのが私の人生なのですが・・・。

しかし、最近とても充実しています。

メール鑑定も、対面鑑定も、させていただくたびに発見があり、感動があり、本当にうれしく、ありがたいな、と思います。

本当にありがとうございます。

特にメールは直接お会いするわけではないので、ご満足いただけるだろうか・・・と不安になりながらの作成で、お送りした後、少しでもお役に立てたかな・・と思えるご返信をいただけると、本当にうれしくて、よかったなあ~と思います。

ますます、お役にたてるように、頑張りたいと思います。


また、ホロスコープ鑑定はいいから開運術だけ聞きたいとか、方位だけ相談したいとか、追加でこれもみてほしい…といった方もいらっしゃるかなと思い、気軽に相談いただけるように、開運相談コース、リピーターコース(メールのみ)も、新しくさせていただこうと思っています。

詳しくは、右側のハッピーカウンセリングのご案内をご覧くださいね。

ではでは!

引き続き、霊のお話と、方位効果のお話を、書かせていただきますー。

2013年3月25日月曜日

メール鑑定について

みなさまこんにちは。

この土日はほとんどボイドでしたね。

なんだかな??という体験をされた方も多かったのでは??

かくいう私も、この土日はずっと仕事をしていたのですが、なんだか空回って、ぜんぜん前に進まない感覚でした…。


ところで、現在、メール鑑定の結果をお待ちの方、お待たせしていて本当にすみません。

この鑑定書、なにぶん、作成に非常に時間がかかり…。

途中までやっては別の仕事をこなし、また再開し、というふうにやっているので、取り掛かってから日にちがけっこう経ってしまい。

本当に申し訳なく思います。


また、読んでいただいた方の満足感を考えているうちに、どんどんとレポートの枚数も増えて行ってしまい、当初、7~9枚、なんて考えていましたが、結局15~16枚というところに落ち着いてしまい、だいたい1万4000~5000字の文字量になっています。

鑑定書作成に追われる毎日に、これはやめたほうがよいかな??とも思ったのですが、遠方に住んでいらっしゃる方や、わざわざ行くのは面倒…という方に対しては需要があるのかなと考え、料金を上げさせていただくことで対応することにしました。

もし、1回メール鑑定のお申し込みをいただいたあと、お振り込みをされていないなどで保留になっている方がいたら、最初にお申込みされたときの金額1万円で見させていただきますので、ご連絡くださいね。

いろいろブログで書きたいこともたまっているのですが、いったん本日はこれにて終了させていただきます!


次回ブログでは、引き続き、霊に関するお話をしたいと思います。

霊障って、本当にあるんですよね…。

以前、霊がいるビルに事務所を移転したとたん、仕事がぱったり入らなくなったことがあるのですが、そのときの体験談をお話します。

少しお待ちください!

ではでは!




2013年3月18日月曜日

本日より水星順行♪

2月23日より逆行していた水星が、本日めでたく順行に戻りました!

水星は、文書やコミュニケーション、知性や会話、列車や車、交通などをつかさどる星。

双子座と乙女座の支配星でもあります。


この水星の逆行期間は、文書や契約、アポイントメント関係のトラブルややり直しなど混乱が生じやすいとき。

体感しやすいのは、なかなかアポが取れないとか、電話の行き違いとか、決まりかけていた契約が反故になるとか、電車の遅延や混乱。

あるいは、急に古い知人や元恋人から連絡が来るとか、なくしたと思ったものが返ってくるとか、昔の手紙や日記を読み返して気持ちが過去に戻るとか・・・。

まあ、いろいろな出方があります。

双子座、乙女座の方は、なんだか前に進めない、みたいに感じることもあるでしょう。

かくいう私も双子座。

確かに、水星逆行期間はいつも、猛烈に忙しかったり、逆にぼわーんとしてさえない感じだったり、なんとなくかみ合わないな~というような感覚がします。


1年に3回くらい、水星の逆行期ってあるんですよね。

いつも、「また水星の逆行か~」と微妙に嫌な気持ちになります(笑)。


ということで、無事、水星が順行に戻ったので、パチパチパチ…。

嬉しいです。

さてー、いろいろ滞っていたことに着手しますか。

まずは、新刊『自分を好きになる48のメソッド』のプロモーションだ!

何もやっていないので・・・。

読んでくださった方、もしよかったら宣伝してくださいませ。


実は、この本の中にあるイラストを描いたのは私です。

本に載せられなかったイラストを、ブログで公開しますー。

宇宙から自分を眺めてみよう!

ではでは、また!

2013年3月16日土曜日

霊の話 2

こんばんは、あべけいこです。

さてさて、先日書いた「霊の話 1」の続きを書こうと思います。


そんなこんなで、霊能者の先生に霊視をしていただくことになったわけです。

次の取材後、先生のオフィスで霊視が始まりました。

先生は目をつぶってしばらく私を眺めて、こう言いました。

「うん、やっぱり霊がいるわね。あなたの右側に3人。二人は兵隊さんで襟の擦り切れた軍服着てて、もう一人はかすりのモンペをはいた女の人。それから、左側に一人、昭和30年代くらいのふくらんだ髪型のおしろい塗った女の人。それから、もう一人強力なのがいて・・・」

ここが恐ろしいところなのですが、なんと、このあとに先生が言った霊のことを、私は聞いた直後から、すっかり忘れてしまったのです。

聞いた瞬間も、意識のフェーズがずれたような感じで、先生が何と言ったか、ぼやっとしてはっきり記憶に残っておらず。


すっかり忘れていたことになぜ気づいたかというと、その霊視から半月くらいあと、また先生のところに取材に行ったんですね。

取材後の雑談中に先生が「まずあなた、その霊をなんとかしないとね」と言うと、マネージャーさんが

「そうそう、貞子ね~」

と笑いながら言ったのです。

「は?貞子?何ですかそれ、初耳です」

私は驚いて思わず聞き返してしまいました。

そうしたらマネージャーさんのほうが逆に驚いて

「覚えてないの?この間、先生が貞子みたいな霊がついてるって言ったじゃん」

と言ったのです。

「ええ~~~~~!?貞子みたいな霊?まったく覚えてないです。そうでしたっけ??」

最初はマネージャーさんがからかっているのかと思いました。もしくは、また新たな霊の話かと。

けれど、先生も一緒に驚いていて、そのほかに先生の事務所の人も貞子の話を聞いていたみたいで「そうそう」とか言っているので、私だけが忘れてるんだ・・・と気持ち悪くなりました。


そう言われて、よくよく考えてみたら、うっすらと記憶がよみがえってきました。

そういえば、そんなことを言われた気がする。ノートに「貞子・・・」と書いたような記憶が・・・。

「貞子みたいな霊が足元を這いまわっていて、髪の毛が足に絡まってるって先生が言ってたじゃん。本当に覚えてないの?」

マネージャーさんは言いました。

「思い出しました・・・。そういえば言われた気がします・・・」

はっきり覚えてないけど、なんだっけ、白い着物着て、病気だったか、人柱で埋められたんだったか、朦朧としてわかってない感じの黒髪の貞子みたいな霊が足元を這いまわっている、それがものすごい強力だと、確かに先生は言ったわ・・・。

そんな衝撃的な霊のことを、まったく覚えていない自分に寒気がしたのでした。

先生は

「それは、霊があなたに聞こえなくしたのよ。霊が自分の存在をあなたに知らせたくないから、忘れさせたのね」

と言いました。

それには心から納得。

だって、普通だったら、一度聞いたら忘れられないじゃないですか、貞子みたいな霊が足元を這いまわっていて、髪の毛が足に絡まってるなんて衝撃的な話!

それを、聞いた直後から完全に忘れてるって、霊の仕業以外に考えられません。

だからこそ、「きっと本当なんだ・・・」と信じる気持にもなれたというか。


先生は言いました。

「本当は除霊してあげたいんだけど、私ももうトシだし、忙しくてそんな時間もないの。だから、あなたにお札を作ってあげる。それを部屋の天井に貼っておきなさい。そうしたら2~3ヵ月くらい経ったら変わってくるから」

と。

「お札は、通常ならウン十万円だけど、あなただから特別に半額でいいわ、でも別にムリに買わなくてもいいのよ、もし欲しかったら言ってちょうだい」

と先生は言いました。

悩みますよね、半額でもけっこうなお値段。しかも、目に見えないことですから。

先生の霊視能力はすごいなって思っていたけど、実際にお札に効力があるかなんてわかりません。

でも、私は購入したのでした。

ダメ元で、もしかしてよくなる可能性があるなら、少しでも賭けてみたいなと。


それは、5つあって、部屋の天井の四隅と真ん中に貼るんですね。

先生は「あなたの旦那さんの分も作ってあげる。これはただであげるわ」

とおっしゃってくださったんですけど、その後忘れてしまったみたいで、結局一組しかもらえませんでした。


そのお札を天井に貼ってから、そうですね、確か3ヵ月後くらいかな。

ヘミシンクのセミナーに参加するために熱海にいたのですが、そこでの一番最初のセッションのときのこと。

「フォーカス10」を聴いて、「体は眠っているけど意識は起きている」状態だったのですが、口をぽか~っと開けてベッドに横たわっていたんですね。

そうしたら、その私の口から、何かがものすごい勢いで「ゴーーーーー」っと出て行ったのです。

それは、なんというか、特大のゲップのような、長いオナラを口からしているような。

体は寝ていても意識はありますから、「ええっ??これってオナラじゃないよな??」と、焦ったくらいでした。

ともかく、「グゥウォーーーーーーーーーーーーー」と、10秒くらいでしょうか、口の中から何か、空気のようなケムリのような、何か得体のしれないものが流れ出ていったのです。

たぶん、エクトプラズムというヤツなのだと思います、あれは。

セッションが終わって目覚めたとき、茫然としてしまいました。

わー、あれ、エクトプラズムだわ・・・と。


エクトプラズムとかよく聞くけど、まさか自分がそんな体験をするとは思いませんよね。

そして、本当にあれって口から出入りするんですね!

よくマンガとか、テレビでふざけてとか、見たりしてましたけど、本当に口から出て行くんだーと、かなり衝撃的でした。

たぶん、何体か憑いていた霊のうち、一体もしくは複数体が抜けて行ってくれたのだと思います。


後日談ですが、それから半年後、私は離婚をして元夫と住んでいたマンションを出ることになりました。

そのエクトプラズム体験をした頃は、まさか自分が半年後、離婚をして家を出ることになるなんてまったく考えもしていませんでした。

その霊が出て行ったことと何か関係があるのかどうかはわかりませんが・・・。


しかし、家を出るときに、天井に御札を貼りっぱなしにして忘れていってしまったんですね。

だから、機会があったら取りに行かなくちゃ、と考えていて。

それからしばらくして、離婚と同時に家を売りに出していたのですが、無事売れた、ということで、私は久しぶりに自分がかつて住んでいた家を訪れました。

お札を回収しなくちゃ、と。


そこで見たのは、私が使っていた部屋だけ、見事にからっぽの家。

私の部屋だけ、家具も物も、一切、なーんにもない。

それはちょっと異質な光景でした。

ほかの部屋は生活感にあふれていて、家具や物や服が出ていたりしる。だけど、私の部屋だけがらんどうの空っぽ。

そして、天井には四隅と真ん中にだけ、小さなお札が白いガムテープで貼ってある。

それを見たとき

「この部屋だけ結界が張られているみたい」

と思ったのでした。


もちろん、本当のところはわかりません。

でも、結界が張られたこの部屋で寝泊まりしていた私だけ、この空間から脱出できたのかな、なんて気がしてしまいました。

あのとき先生が元夫の分のお札を作り忘れていなかったら、それを元夫の部屋に貼っていたら、どうなっていたかな~と、しばし考えたのでした・・・。


ちなみに、その先生は昨年、お亡くなりになってしまいました。

亡くなる半年前、私の現在の夫との結婚式に来てくださって、祝辞を読んでくださったのですが、そこで「私の得意技はこれしかないから」と透視をしてくださいました。

私と夫の名前をかいた紙に手をかざし・・・先生が一言。

「意外と長く続くわ、この二人」

(笑)

見事に笑いを取ってくださいました。


よくよく考えてみれば、先生が私を救ってくださった一人とも言えるかもしれません。

先生は会うたびに私に

「あなたは作家になるんだから。あなたは大作家になるのよ、早く小説を書きなさい。そして私の自叙伝を書いてちょうだい、私が生きているうちに」

と言っていました。

先生ごめんなさい、間に合わなかったです・・・。

でもこれから大作家になって、先生の本当に面白い一生を、絶対に小説に書きますね。


こんな、霊のお話でした・・・。

ではでは、また!

2013年3月14日木曜日

歌からメッセージをもらう

こんにちは、あべけいこです。

「霊の話 2」や「龍神の話 2」を書きたいのですが、ちょっと時間が取れずで、また今日はふと思い浮かんだ別の話をしたいと思います。

というのは、「歌によるメッセージ」の話。


あるときから、私は歌でメッセージを受け取るようになりました。

歌でメッセージとは?

それはですね、以前、このコラムでも書いたのですが、ある一つの歌をひたすら口ずさむんですね。

もう、その歌ばっかり、2週間も3週間も、繰り返し毎日歌う。

なぜなら、その歌が頭に浮かんできて、頭の中で鳴り響くからなのですが。

そして、その歌詞が、現在の私へのメッセージになっている、というしくみ。

メッセージというかね、少し先の未来を示唆している感じですね。

ようは、エネルギーがそうなっているから、同じエネルギーを持つ歌を引き寄せている、という感じなのかもしれません。

ちょっと仕組みはわからないです。

一つの曲をしつこくしつこく歌うようになったら「あ、またこれメッセージ曲だな」と思います。

そして、歌詞を調べてみると「なるほど~」と納得する、という感じ。

年に3~4回くらいあるのかな、そういう時期が。


過去にどんな歌が出てきたか・・・だいぶ忘れちゃったのですが・・・

一番印象に残っているのが倖田來未さんの「FREAKY」という曲。

当時、あることに執着して苦しんでいたんですね。

なんとかその願いをかなえたいと思っていたのですが、頑張ってもぜんぜんかなわなかったのです。

でも諦めきれないでいたある日、浮かんできたのがこの曲。

ああ、またメッセージソングだ…と思い、よく歌詞は知らないので、とりあえずしばらくはひたすらサビだけ繰り返して歌っていました。

そして、よい内容の歌詞だといいなあ…と思いながら、ネットで調べてみたら、こんな歌詞でした。

------------------------------------------------
 いつも通り 朝 目が覚めて
太陽を見上げたいと泣いた
これから忘れられない 旅の行方は
どうにでも 変えて行くから

わかっているのよ だけど抜け出せない

Get freaky 爪を立て もがいてる
Get freaky ほかの道 探しあてるまでは…
Get freaky 暗闇に 心を
Get freaky 奪われた
Don't stop!!

それぞれの毎日があって
それぞれに世界を知るのだろう
誰もが少しずつ違って 歩き出す
そして私も もう歩きだした

限界なんてない 立ち上がるから
------------------------------------------------


最初は、この歌の何がメッセージなのか、ぜんぜんわからなかったんです。

でも、あまりにもしつこく、しつこく、1ヵ月くらい歌い続けたんです。

そのうち、「執着を手放して歩き出すってことかなあ?」と思い至るようになったのですが…。

じっさい、あとから振り返ってみたら、ちょうどこの歌を歌っていた時期くらいから、だんだんと執着していたことを諦めることができるようになっていったんですね。

そして、今考えれば、その執着していたことは、かなわないほうがよかったんです。

かなわないでよかった~と、胸をなでおろすくらい。

この歌が、やめたほうがいいことにしつこく執着して苦しんでいたけど、もう歩きだす時期だよ、ってことを教えてくれていたんですね。

 
これって、いつ頃からなのかな~と考えてみたら、ちょうど6年前、エル・アシュール先生のエンジェルオラクルカードセミナーに出たときからだ、と思い出しました。

エル・アシュール先生は、私の師匠でもある神秘学研究家ですね。

そのセミナーでエル先生が「メッセージはいろんなところから来るんですよ。たとえば歌から来ることもあります。同じ歌をなぜか歌ってしまうとき、その歌詞がメッセージとかね」とおっしゃったんですね。

そのとき、なるほど~確かに繰り返し同じ歌を歌っちゃうことってあるな、と思いました。

それから、しつこく歌ってしまう歌があったら、その歌詞に注目してみるようになったんですね。

そしたら、その歌詞の内容と自分の状況がぴったり合っていたり、その後に起きることを示唆していたりしたことがわかったんです。

それから歌を私のメッセージツールの一つとして取り入れています。

みなさんもそういうのってありませんか?


ちなみに、最近またメッセージソングが来たんですね。

それは、槇原敬之さんの「三月の雪」。

最近、毎日歌っています。

ずいぶん前のアルバム曲で、特別好きな歌でもないし、最近どこかで聴いたわけでもない。

なのに浮かんできて、こんだけ繰り返し歌うのは、間違いなくメッセージ曲です。

これは、卒業の歌ですね。

楽しかった学校生活を終えて、新しい環境や未来に向かって歩き出す、そのはざまの一瞬を、不安や希望や切なさといったものとともに表現している歌詞です。

なんでこの歌なのかなあ、って最初は思ったのですが、よくよく歌詞を読んでみてわかりました。

私も3月に卒業して、4月からまた新たな段階に行くのかなと考えています。

新しい状況、未来が来るのかなと。

なんだか楽しみでもあり、不安でもあり、です。

今は、セミナーやカウンセリングをさせていただくようになって、またプライベートも充実していてとても幸せなので・・・。

しかし、人生は常に動いていきますからね。

止まることは決してないので、何があっても恐れず歩いて行かなくちゃですね。


ではでは、またー^^



2013年3月13日水曜日

クレッグ・ジュンジュラスさんのセッション報告

さてさて、3月8日(金)に、クレッグ・ジュンジュラスさんのセッションに行ってきたわけですが…。

簡単にご報告します。

セミナー中のクレッグさん♪

まあ、とにかくですね、すごいんです。

言葉を扱う仕事をしているのに、語彙が少なくてごめんなさい…というか、本当に「すげー!」としか、出てこないんです。

だって、すごいんだもん。

まあ、何がすごいかは、はい、ご説明します。


今回は、約5ヵ月ぶりのセッション。

この2年間、だいぶブロックははずしていただいたし、シャスタでエネルギーも変化したし、年末に最大のブロックがはずれたし、うーん、今回は何かしら??はずれるブロックあったかしら?って、もちろん、ブロックのない状態なんてありえないので、何かしらあるんだよなって思いながらも、思いあたることがあんまりなかったんですね。

でも、あったんです!

セッション中に言われて思い出しました。

というのは、喉まわりと顎のブロック。

そういえば、前回だったか前々回だったか、ハートチャクラの恐れのブロックを取り除いてもらっているときに、「喉にもブロックがあるけど、それはまだ準備ができていない」と言われていたような記憶がよみがえってきました。


そして、自分自身、喉のブロックには心当たりが。

というのも、ヘミシンクを行って変性意識状態になると(体は眠っていて意識は起きている状態)、無呼吸症のようになって、息ができなくなって非常に苦しかったんですね、だいぶ前から。

ヘミシンクの体験中も、映像をクリアに見て、触る感覚まであるほど深く入り込んで体験しているのに、息ができなくて苦しくて覚めてしまうことが何度もありました。

喉にブロックがあるんだな~と、ぼんやり思っていたのでしたが。

でもですね、今年に入って半眠半覚状態で眠っていたときに、夢なのだか離脱体験なのだかよくわからない感じである体験をしたんですね。

それは、喉に塩化ビニール的なひもが丸まって詰め込まれていて苦しくて、そのひもの先っちょを持ってズルズルと引っ張り出していたんです。

こう、詰め物が取れていくと気分がいいですよね。

ああ、気持ちいいな、出しちゃえとか思いながら引っ張っていて、でもふと「これ出しちゃってもよかったのかな?」と思った瞬間、体験が途切れて、ひもが全部できらずに少し残ってしまった感じで目が覚めました。

ああ、喉のブロックが外れたんだけど、ちょっと残っちゃったな・・・と思ったのです。


で、セッション中にクレッグが、「今、顎のところのブロックをはずしている」というんです。

「喉じゃなくて?」というと、「喉にも少し残ってるけど。このあたり」と、喉仏の下あたりのくぼみをさわりながらいう。

やっぱりな、と。

「いまは顎のブロックで、これは耳の下あたりまであって、はずすとガイドの声が聞こえやすくなるよ」

という。

そして、もう一つ思いあたったことがありました。

それは、私、ものすごく奥歯をかみしめながら眠る癖があったんですね。

歯ぎしりしているのか、朝起きると、上の前歯が痛い。下の歯で思いっきり押しているみたいなんです。

マッサージに行くと、耳の上(頭蓋骨)のコリを指摘されて、「ここ、こってますね~、奥歯をかみしめながら眠ってますね」といわれる。

これが、しばらく前から一つの悩みでもあったんですね。

そうか、これってブロックだったんだ!と、納得。


そしてそして、これが嘘じゃないんですよ、奥さん。

本当に、それからですね、奥歯をかみしめずに眠れるようになったんです。

というのも、その翌日、ぽかーんと口を開けてリラックスした状態で目が覚めたんですよ。

その翌日も。そして、その翌日も。

意識がふわーと上がってくるときに、「あれー、口を開けて寝てる・・・かみしめてない!」と。

うとうとしているときも、いつもハッと気づくと奥歯に力が入っていたので、意識して緩めるようにしていたのが、自然とリラックスしている。

いやー、本当に不思議でした。

こうやって、現実生活で心当たることが起きるから、クレッグさんの力をより信じられるし、思わず何回も行っちゃうんですよね・・・。


そして、顎とともに首のブロックもはずしてくれたようです。

今後、セッションやセミナーをするにあたって、その人に必要な真実をちゃんと言えるようになるように、と。

はい、そして、カウンセリング中、以前よりも言葉がすらすらと出やすくなったことを感じたのでした。

また、「ガイドとつながったとき、言葉がハートチャクラのほうから出てくる」というようなことを言われたんですね。「低い響くような声だ」と。

で、本当にセッション中に意識してみたら、体の内側から響くような低い声が出ていて、おお、これがつながってる声か!と。

以前から、お経や祝詞(のりと)をあげているときは、やたらと声が低くなるので、おかしいなあ?もしかしてこの低くなる声には何かあるのかな?と思っていたのですが、やっぱりそうだったんですね。

まあ、そんな感じで、今回もものすごく感動したのでした。


クレッグさんのセッションはリピーターですぐにいっぱいになってしまって、今回の来日枠はもう埋まっているようですが、4月7日まで東京でセミナーをされています(大阪の癒しフェアにも出られるようです)。

これは昨年のセミナーのようすです。

このセミナー、もちろん、お話形式でスピの基礎的なことも教えてくれるのですが、その合間にエネルギーを流してくれるのがすごい。

このエネルギーを浴びるだけでも、十分、ブロックはずしに有効だと思います。

私は初期のセミナーでは、エネルギーが強すぎて、眠くて眠くて起きていられませんでした。

今回も「第3の目を開く」セミナーに参加したのですが、やっぱりほとんど眠ってしまいました…。

クレッグさんがエネルギーを送ってくれるとき、部屋がふわーっとまっ白くなるんです。霧が発生したみたいに。

これも毎回、本当にすごいな~と思います。

そして、うちの夫がまた素直な体質で、セミナーに連れて行くと、それだけで「あら?」と思うほど変わります。

なんか最近変わったよな~???と考えてみると、そっか、クレッグさんのセミナーに行ったあたりからだ・・・と心当たるという。

だからね、セッションならずとも、セミナー参加もオススメですよ。


ちなみに、私はクレッグさんのスピーカーでも、主催のクラブ・ワールドさんのまわし者でもなんでもありません。

本当~にすごいと思っているイチファンです。

そして、このクレッグさんの変容のエネルギーが、みなさんの人生を開くひとつのきっかけになる素晴らしいものだと信じています・・・。

興味のある方は、こちらのサイトをご覧くださいませ~。

ではでは、また!

「スピで結婚!」ワークショップ無事終了♪

最近にわかに忙しくなり、なかなかブログも満足に更新できませんでした…。

いつも読んでくださっている方、すみません。

もう、書きたいことが山ほどたまっているのですが!

書けるときにまとめて書いてしまいます。


さて、まずは、ワークショップのご報告から。

先日の土曜日、3月9日に「スピを使って結婚する!」ワークショップを開催しました。

当日の参加者は、お申込みいただいたものの急用で来れなくなった方もいて、総勢5名。

みなさん、目的が「結婚!」と決まっているので、グループワークのような感じで、それぞれの事情や状況なんかも話したりしながら、なごやかに会は進行したのでした。


まず行ったのは、「結婚の意識をクリアにするワーク」。

「結婚したい!」と思っていても、さて、どんな結婚がしたいのか、どんな相手とだったら幸せになれるのか、具体的にわかっている人って意外と少ないもの。

具体的にイメージできなければ、なかなか形にすることは難しいですよね。

「こんな人とこんな結婚生活」と理想がわかっていれば、どんな人を求めればいいか、どこに行けばそんな人と出会うか、考えやすくなりますよね。男性と出会った時も、「これか!」とか「違うな!」とか、アンテナが立ちやすくもなります。

それに、結婚といってもただすればいいってもんじゃありません。

やっぱり、幸せになって人生がより豊かになる結婚をしなくちゃ、意味がない。

となると、自分の特性や性格や望む生き方を理解して、それに合った人を求めていったほうがいいわけです。

もうこれは、2回も失敗し(失敗とは本当は思っていませんが)、3回目でようやく幸せになれた私だからこそ、胸を張って(?)言えることでもあります。

というのも、私の場合、人生において仕事がなにより大事。仕事をしていかない人生は思い浮かびません。

となると、仕事をしている私を喜んでくれて、リスペクトしてくれて、家事育児の協力を惜しまない旦那さんと結婚したほうがいいわけです。

エリートサラリーマンでバリバリ稼いできてくれても、「俺の仕事の邪魔をするな」「家事はきちんとやってくれ」なんてタイプだとぶつかっちゃってうまくいきません。

そういう意味では、とても自分の生き方に合った人と巡り合えてよかったなあと思います。

「もー、仕事が忙しいんだから、洗い物くらいやってよ!!!」

と、ヒステリックに怒鳴っても、怒るどころか「ごめん、ごめん」と謝ってやってくれちゃうような人ですから(笑)。


それから、西洋占星術で各人のホロスコープを読みながら、性質や恋愛・結婚の運勢傾向、運気的なものを解説していきます。

ここで面白かったのは、参加者に不動宮のサインをアセンや太陽、月に持っている方が多かったこと。

不動宮のサインが多い方は、「こうしたい」という意思がはっきりしていて、なかなか自分の生き方を変えられない方が多いです。

ほしいものがちゃんとわかっていて周囲に振り回されないから、自分の生きたい人生を生きやすいとはいえます。

でも、曲げられないだけに苦しい思いもしやすいですよね。

結婚も、「こうでなければ」という思い込みがあったり、柔軟に考えられなかったり、悪しき癖を変えられなかったりで、チャンスを逃してしまうことも多いのかなと思います。


それから、結婚や恋愛にまったく意識が向かって行かないタイプの方も見受けられました。

たとえば、金星ノーアスペクトで恋愛に興味がわかない!という方。

こんな方は、恋愛や結婚を重要視せずに20代、30代を過ごしてしまった結果、シングル歴を積み重ね、40代後半や50代になって、「老後、独りぼっちっで暮らすのは嫌だな」という感じでようやく重い腰が上がる…という感じですね。

また、太陽と天王星が90度だったり、水瓶座に星が多かったり、という方。

このような方は、「世間一般のルールにのっとって生きるのはイヤ!」と考えがち。それだけに、適齢期に結婚することを(意識的にも無意識的にも)拒否して、アラフォーになって、「やっぱり結婚したいかな」なんて考え出す…。

あるいは、恋愛の星が真面目~な配置の方。

恋愛に対してとても慎重で、本当に心から好きな人とじゃないと付き合いたくないし結婚もしたくない、という思いを持ってしまう。だから、恋愛の数も少ないし、結婚にも縁遠くなってしまう…。

 そんなことが読みとれたりして、なかなか興味深かったです。

それぞれの方の結婚期なども、東洋占術も交えてお伝えしました。


それから、恋愛&結婚運が上がる開運術をお教えしました。

引っ越しや旅行で運気を上げる方法をお教えしつつ、過去の移動の方位について検証。

「これが運を下げる原因だったかも???」なんて考えてみたり。


そして、もう一つ重要なのが、住まいのエネルギーを整えること。

どんなに吉方位に越しても、家相や土地のエネルギーが悪いと、どんどん運が下がってしまいます。

エネルギーは、住んでいるところの影響を大きく受けるんですね。

ということで、家相の見方や土地のエネルギーの見方などのレクチャーをさせていただきました。


もう一つ、結婚に縁遠い理由として、名前の画数が悪いことがあるんですね。

名前も言霊でエネルギーですから、その名前が、自分の意識に働きかけを行うんです。

意識が行動を作り、行動が現実を作りますから、名前によって運気が変わってくるんですね。

たとえば私は、結婚前は対人運が24画で大吉でした。

その頃は確かに友達も知人も多かったです。人脈は宝!という感じでした。

しかし、結婚したら対人運は9画でイマイチになってしまいました。

そして、結婚後は、人づきあいが面倒くさくなっちゃったんですね。

旦那と犬がいればいいや、みたいな。

ひきこもりで、家からも出たくなくなってしまいました。

当然、友達とも疎遠に…。

名前通りになってしまったわけです。

こんな風に、名前は無意識的に私たちの人生に影響を与えるんですね。

だから、なるべく良い画数に整えておいたほうがよいわけです。

そんな感じで、参加者の方のお名前を見させていただきました。


そして、幸せ妄想いっぱいの未来日記を書き、最後に「ソウルメイトと出会う誘導瞑想」をして、ワークショップは無事終了となりました。

盛りだくさんな6時間でしたが、みなさん真剣に話を聞いてくださり、積極的に質問をしてくださって、私自身とても楽しかったです。

参加者のみなさんが、素敵な相手と巡り合って幸せな結婚をされることを、心からお祈りしています。

いえ、必ず幸せな結婚ができます!


この「スピを使って結婚する!」ワークショップ、これからも定期的に行っていきますので、ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね。

ではでは、また~。

2013年3月8日金曜日

クレッグ・ジュンジュラスさんのセッション♪

これから、私の大尊敬するセドナのヒーラー、クレッグ・ジュンジュラスさんのセッションにいってきます。

思えば私のライフアップコーチとしての活動を後押ししてくださったのは、クレッグさん。

クレッグさんに会って、たくさんのブロックを外していただいて、すっごく楽に生きられるようになった。

ジグザグでなかなか前に進まなかった夢への道に、まっすぐ進めるようになった。

そして、ヒーラーになりなさい、真理について教えなさいと後押しをしていただいて、いま、このような活動をさせていただいている。

お節介焼きで人のことが気になって仕方がない私には天職ともいえる、とても大好きな仕事…。

本当に心から感謝しています。

すべてに。

この感謝の気持ちを、少しでも、苦しんでいる人のお役に立つことでお返ししていきたいなと思っています。

またセッション内容、ご報告しまーす♪

2013年3月6日水曜日

霊のお話 その1

龍神様について、その2を書きたいのですが、いろいろとほかにも書きたいことが目白押しで…。

気分優先で、今回は、ふと思い出した「霊のこと」について、お話したいと思います。


エネルギーとか、目に見えない話をよくしている私ですが、「霊の存在」について、すっかり忘れていました。

しかし、人の存在がエネルギー体であれば、霊魂もエネルギー体であり、単純に肉体をまとっていないだけということで、おおもとは一緒。

除外してはスピは語れません。


前置きが長くなりましたが、以前、私はいろんな霊をぞろぞろ連れて歩いていたらしいのです。

今だから笑い話にできるのですが。

というのも、2番目に結婚した元旦那さんが、遺体とかかわる仕事をしていたんですね。

どうやら、その影響を受けていたみたいなのです。


元旦那さんと付き合う前の私は、もっと楽天家で陽気で気楽な感じでした。

ところが、元旦那さんと一緒にいるようになって(今から考えればですが)、なんだかネガティブというか、心がいつも重苦しくて、悲劇的な心理状態にありました。

その頃、のめりこんで小説を書いていたので、しかも純文学だったので、なんというか、自殺しちゃう作家みたいな心理状態になってたのかな?なんて勝手に思っていたのですが。

別に、元旦那さんがDVとか、ひどいことをされたとか、ぜんぜんないです。

当時の私は、元旦那さんのことが好きで好きでたまりませんでしたから…。

一緒にいられて幸せだと思っていました。

まあ、それで自分を犠牲にしていたところは多々あるのですが。

それはいいとして。


当時、ある霊能者の先生と雑誌の連載のお仕事でご一緒していて、毎週、先生のところに取材に行ってたのですが、その先生に「いっぱい霊がついてる」と言われたのです。

先生は、政治家や実業家、芸能人などを顧客に持つ恐れ多い方。何冊か著作があり、そのお仕事でもご一緒させていただきました。

そのときはあまり自覚がなかったのですが、今から当時の写真を見ると、ゲッソリしていて覇気がなくて、本当に霊そのものみたいな(笑)ひどい顔をしてるし、心理状態もそんな感じでしたから、相当、霊障を受けていたんですね。


あるとき、取材中に先生が眠ってしまったことがありました。

霊的存在がいると、眠くなるんですね。

さかのぼること、取材前、私はダックスフンドを飼おうと思って、ペットショップに電話していました。

「さっき見たワンちゃん、やっぱり頂きたいので、とっておいてください」と。

で、先生のところに取材に行ったら、先生が取材中にも関わらず、コックリコックリ眠ってしまわれた。

どうしよう?とマネージャーさんと顔を見合わせていたら、突然むくっと先生が起きて、私に

「あなたペット飼ってるの?」

と言うんです。

「いいえ、飼ってませんけど、これから飼おうと思って…実はここに来る前にペットショップに電話していたんです」

というと、

「薄いブラウンの…ダックスフンドかしら?子犬がこっちを向いて吠えてるわ…」

と言う。

「まさにそのダックスフンドを飼おうと思って、電話したところです」

「その犬を飼ってはダメ!」

先生が厳しい調子で言います。

「は、はあ」

「その犬を飼ってはいけないって声がする。その犬を飼ってはダメ」

「はい」

仕方なく、私は頷きます。

「あなたの旦那さんは死体にかかわる仕事をしているでしょう。霊は小動物に憑くのよ。あなたがその犬を飼ったら、霊がその犬に憑いて、人を噛んだり殺したりして大変なことになる。絶対に飼っちゃダメ」

そう、先生はおっしゃったのでした…。

もちろん、取材の帰りに、ペットショップにキャンセルの電話をかけたのは言うまでもありません。


思い起こせば、元旦那さんと付き合い始めた当時、猫を飼っていたのですが、この猫があるときから突然凶暴化して、人を襲うようになっちゃったんですね。

私のことはもちろん襲いませんが、それ以外の友達とか、元旦那さんとか、私以外の見知らぬ人をですね、攻撃するんです。

人見知りをして逃げるならまだしも、近づいていって様子をうかがい、牙をむいて「シャーッ!」とか言いながら、爪を立てて襲う。

思いっきり引っかかれて流血した人多数。

当時は「私が部屋に閉じ込めたまましょちゅう仕事で家をあけていたから、さみしくて性格がねじ曲がっちゃったんだな」と思っていたのですが…。

子猫から成猫になる途中の頃だったので。

しかし、もしかしたらこれも霊障だったのかも、と今は思います。

最終的に、元旦那さんと一緒に住むことになって、元旦那さんが「あの猫とは一緒に住めない」というので、猫好きの方に貰ってもらったのですが…。

本当に自分勝手でかわいそうなことをしました…。


話を戻します。

そして、このときに先生は

「霊が見える。あなたの隣に兵隊さんの霊がいて、じっと聞き耳を立ててるわ」

それだけ言うと、ぱたっとまた眠りに入ってしまわれたのでした。

マネージャーさんと「しばらく眠らせておきましょう」ということになり、少ししてからゆり起すと、ハッと先生は目覚めて

「深い深い底に引きずり込まれて…目の前に綺麗な水があって、綺麗だわと見てたら起こされちゃったわ」

とおっしゃいました。

そして私に

「あなたたくさん霊がついてるから、今度来た時に視てあげる」

と言ってくださったのでした。


実はこの話にはまだまだ続きがあり、長くなるので、ここでいったんおしまいにします。

世の中には、本当に不思議なことがあるんですよね。

魂がエネルギー体だというふうに解釈すれば、どれもなるほどと納得できることですが…。

当時の私には、まだそこまで理解ができていませんでした。


こんなことを書くと、職業として死やご遺体にかかわっている方に申し訳ないなと思ってしまいますが、やはり、そのようなお仕事をされている方は、霊の影響は少なからず受けてしまうのではないかなと思います…。

なるべくリボール(エネルギー体のバリア)を作って、影響を受けにくくしてくださいね。

ではでは、また!

2013年3月5日火曜日

山本印店行ってきました!

みなさまこんにちは、あべけいこです。

先ほど、三宿の開運印鑑やさん、山本印店にいってまいりました。


椅子に座るなり、

「何しに来た?」

と桃仙先生。

「えっとー、えっとー、特に何があるというわけでもないんですけど…何かあったらと思って…」

「だよな。そんな他力本願じゃダメだ、そんなトシになって」

「はい、すみません」

わー怒られちゃったよ、何か悪いことでも?

「印鑑にも本人にも何も問題が出てないから何も言えん」

「はぁ」

「本人が本来の生き方を外れてる場合、そこに問題があると教えてあげたらよく変えることができるけど、問題がない場合はこれ以上何もできない。あんたの場合、本人にも印鑑にも何も問題が出てない。だから何も言えん」

……ってな話でした。ちゃんちゃん。


まあ、確かに人様に開運術を教えたり、人生をよくするアドバイスをしている私自身が、生き方間違ってたり問題があったら、それこそ問題ですよね。

そういう意味では、安心しました。


仕事は「そのまま行けばいい」とのこと。

去年の6月から運気が変わってて、本来の生き方をしているから大丈夫。そのまま行きなさいと。

本当に、去年の6月くらいから、この活動を本格化させたので、ピッタリです。


それから、せっかく来たのでと、しつこくなんやかや聞いたら、前回来たときとまったく同じ答えでした。

父方の優秀な遺伝子を残したいから、私のほうの先祖が子供を作りたいけど、安部がいらないとか…

二人とも欲がなさすぎるから、世間には貢献するけど自分に貢献してない、だから何も残らないとか…

まあこれは生き方だから、いい悪いじゃないけどね、もっと自分に優しくしたらいいんじゃない、と。


そんなに欲がないつもりもないんですが(汗)、基準値がわからないのでなんとも言えませんね。

2年近く前のことなので、当然、先生は私のことなど覚えてらっしゃらないと思います。さすが、と思いました…!

運を上げたい方、悩んでいる方はオススメですよ。

ご先祖様に導かれたら行けると思います。

ではでは、またー(*^^*)

2013年3月1日金曜日

龍神様のはなし 1

龍神様の続きの話です。


さて、実は私はずーっと昔から、生粋の龍好き。

物心ついた頃からの不思議・オカルト・スピリチュアル大好き人間ですが、そことはぜんぜん関係なく、動物(?)として普通に好きでした。

ライオンかっこいい!みたいな感覚ね。

龍かっけー、みたいな。


伊勢丹の寝具売り場で15年前に買った龍のベッドカバーはいまだに愛用中。

ウラハラを歩いていて龍の長Tを見つけたらフラフラと買ってしまう。

イケアに行って、家具も雑貨も買わず、ただ龍のぬいぐるみだけを買って、首に巻いて帰ってくる。

そんな感じ。

普通に大好きだから、世の中の人みんな龍が好きだろうと、無意識に思っていたくらい。


だんだんスピの知識がディープになってくるに従って、そうか、龍って眷族なんだなあとか、龍神様とあがめられる存在なんだなあ、という意識が芽生えてきました。

もしかしたら、護ってくれている存在の一つなのかも…と思い出したのは、ここ数年のこと。

だからあんなに好き!と思ったのかもなあ…と。

以前からなのか、ここ最近からなのか、ちょっとわからないのですが。


私の敬愛するヒーラー、クレッグ・ジュンジュラスさんは、護ってくれる存在の一つにピンクゴールドの龍がいるそうで、セミナー中にドラゴンのエネルギーを送るワークを行ってくれます。

クレッグさんがエネルギーを送ってくれるとき、うしろにドラゴンのようなエネルギー体が見えたことがあります。

太陽のエネルギーを送るワークもあります。

クレッグさんのセミナーとセッションに通うようになってから、太陽と龍のエネルギーを感じるようになりました。


時を同じくして、神道と仏教両方に精通した先生に、月に1回ご先祖供養を行ってもらうようになりました。

この先生も、観音様や眷属としての龍神様にご縁の深い方のよう。

もちろん、ご自分でそのようなことをおっしゃるような方ではありません。

ご一緒させていただき、お話をうかがっているうちに、なるほどそうなんだなあと私が感じたレベルなのですが。


このお二人にご縁をいただくようになってから、やたらと龍神様づいてきたのです。

一つ、面白いことがあって。

おととしの夏、沖縄の宮古島に行ったのですが、そこで、龍神様の雲の写真を撮りました。

玉をくわえた白い龍神様に見えます…。

車を運転しながらふと空を見上げると、なんだか雲の様子がおかしな気がしました。

「麒麟?」

と思い、助手席の夫に

「あの雲の写真撮って!なんか変だから」

とお願いしました。

アイフォンでパシャパシャ撮っていた夫が

「おーすげー、龍だ!」

というので、

「そうなんだ、麒麟かと思った」

なんて言いながら車を運転し、ホテルについてから見せてもらうと、本当に龍!

しかも、玉をくわえているように見えます。

「すごいねえ」

なんて言っていたけど、それきりそのことは忘れてしまっていました。


そして翌日。

実は、宮古島に3泊する予定で行ったのですが、急きょ最終日の予定を変更し、宿をキャンセルして伊良部島に向かったのです。

なぜか。

出発する直前、めったに会わない知人にたまたま会って、宮古島に行くんだと話したら、

「それなら絶対に行ったほうがいいすごいパワースポットがある」

というのです。

伊良部島にある「なべ底」というパワースポットが、とにかくすごいらしい、と。

ほえ~と思ったのですが、「とにかくすごいらしい」という話ではよくわからないので、うーん、どうしようかなあなんて思っていたのですが。

でも、その知人とは、本当に普段めったに会わないのです。

15年前からの知り合いなのですが、15年間で会ったのは4~5回くらい。

そのときも「なんで会ったんだっけ」と思うくらいだったのですが、「なべ底」の話を聞いて、「この情報を得るために会ったんだ…」とピンと来たというわけです。


実は「なべ底」は、ただのパワースポットではありません。

神様のいる聖地で、何も知らない人間が無遠慮に訪れると、神々の怒りをかって大変なことが起きる…なんていわれている、恐れ多い場所でもあります。

そこをちゃんと守っている、巫女さんのような方がいて、その方の案内でないと入ってはいけないのです。

それは、てぃだの郷というホテルを経営している猪子さんという方で、てぃだの郷に泊ると、早朝に猪子さんがなべ底まで案内してくれる…というしくみ。


宮古島にいた私は、そんなことは知りません。

ただ、知人から「なべ底に行きたいなら、てぃだの郷に連絡して」とだけ聞いていたので、気軽に、宮古島から日帰りするつもりで、てぃだの郷に電話をかけたのです。

そうしたら「宿に泊っていただかないとなべ底にご案内はできません」というすげない返事。

おまけに、

「泊ってもらっても、人によってはご案内できないことがあります。ちゃんと事前にお話しさせていただいて、そこに行ってもいい人かどうかを見極めてからでないとご案内できません」

なんて言うんです。

びっくりしたのですが、その電話に出た女性(それが猪子さん)の口調、剣幕から、「これはほんとうにただのパワースポットじゃないな…」と感じたのです。

それで、急きょ宮古島のホテルをキャンセルして、一路、伊良部島のてぃだの郷を目指したわけです。


てぃだの郷に泊り、猪子さんとお話をして、無事、翌日、なべ底に連れて行ってもらえることになりました。

何も知らずに来たのですが、実はこのなべ底、龍神様が護っている場所で、「龍の子宮」なんて言われているところだったのです。

生まれ変わりの場所ともいわれ、再生、生き直しが可能になる場所でもありました。

龍神様以外にも、観音様やガネーシャ様や火の神様やいろいろな神様が集う場所でした。

伊良部島に向かうフェリーの中から。
海の向こうに見える島が伊良部島。

なべ底までの道のり。
木立の中を抜けて行きます。

途中にある通り池。これはなべ底ではございません。

上から見ると「龍の顔になってる」ともいわれる。
道の左右に小さな池があり、上空からは目玉に見えます。

朝の光がきれいです。

こんな歩道を延々行きます。

実はなべ底は、神様のお住まいになる聖地なので、撮影禁止。

残念ながら、途中の景色しかお見せすることができません…。


さてこのなべ底。

本当~に、すごい場所でした。

これまで、こんなところには行ったことがない、後にも先にも。


猪子さんが、お清めの塩と酒を置いて、お祈りをしてから入ります。

水着の上に白い胴着を着ます。

入るのも順序があって、 「胎動くぐり」といって、ぐるっと回りながら降りて行きます。

神様に失礼のないように、お詫びとお礼をしつつ…。


なべ底じたいは、小さな小さな池。

直径10mくらいでしょうか。

ごつごつした岩に囲まれ、きれいな水がたんたんと湧いています。

猪子さんが

「泳げるなら時計まわりに7回まわるといいよ」

と言うのですが、私は泳げない…。

水は満潮でたっぷり、もちろん足がつくわけもありません。

でも…。

不思議なことに、プカーッと浮くんです。

仰向けになって力を抜いたら、プカーッと。

気持ちよく、ぷかぷか浮きながら7回まわりました。

また猪子さんが

「あそこに龍神様の顔があって、鼻先からしずくが垂れてくるから、そのしずくを飲めたら飲んでごらん」

と言います。岩が龍神様のお顔になっている場所があるんですね。

「すんごいタイミング合わせないと飲めないでしょ??」

と思いながらも、仰向けになって浮きながら龍神様の顔の下にスーッと入ると、ポタッとしずくが落ちてきて、ちょうど通り過ぎる私の口の中に入ったのでした。

このタイミングは、マジですごかった…。


そんなこんなで、伊良部島ですんばらしい体験をさせてもらったのです。


でも、本当にここは神様のおすまいになる聖地なので、興味本位で勝手に行かれないようにお願いいたします。

ちょうど私たちが行った日、観光客の女の子が一人で来て、なべ底の岩を降りて水面近で写真を撮っていました。

それを見た猪子さんが、ものすごい剣幕で怒っていました…。

「近づいたときから、神様が怒っているのが聞こえてたんだ、順序が違う、順序が違うって声が聞こえていた」

って。

ちゃんとお詫びとお礼をして、順序どおりに入る、撮影はしない、入った後はお礼をする…。

神様の場所ですから、きちんと守ってくださっている方の案内で、ルールを守って行っていただきたいなと思います。

ご興味のある方は、てぃだの郷にお問い合わせください。

ちなみに、私はてぃだの郷には何も関係がないので、名前を言っていただいてもぜーんぜんわからないと思いますので、あしからず…。


さてさて、これには後日談があるのですが、長くなってしまったので、また今度…。

龍神様づいてきた話、これだけでは終わらないのでした。