ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2013年1月29日火曜日

現実化がはやい!

先日、ヘミシンクの国内第一人者である坂本政道さんが代表を務める、アクアヴィジョン・アカデミー恒例の新年会に行きました。

実は私はアクアヴィジョン主催モンロー研日本人ツアーの三期生。

すべての変化、改革はここから始まったと言っても過言ではないほど…。

素晴らしいモンロー研究所のメソッド(ヘミシンク)を信奉しています。

ま、それはそれでいいとして。


当たったんです!

何が?

1等が!

新年会でやった抽選会です。

セミナー1日コースが無料に!

いやー何がすごいって、念を込めたんですよ、念を。

絶対当てる!って。

みんながスライドとか見てるときに、一人で目をつぶってイメージング。

頭のてっぺんからエネルギーを流して、第6チャクラ、眉間のところから32番(私が持っていた抽選札)の番号飛ばして。

もー、絶対に当てたる!と。

そしたら本当に当たっちゃいました\(^o^)/


本当は、特賞狙ったんですけど、「特賞は一人だけかあ、じゃあ1等でもいいや」って思った瞬間、「32番~」って呼ばれました。

ちなみに1等は3人。約70人中。

現実化速いです!


これ、私だけ、偶然じゃないと思います。

「こうなりたい!」って強く思ったら、本当にそれが現実化される。もう、そんな世の中なんです。

まだ2013年初頭ですから、気づかない人もいたり、変化は緩やかと思っているかもしれないけど、これからどんどん加速していくと思います。

みなさんも、欲しいもの、なりたい状況があったら、「なりたい!」と強く思って、イメージングしてください。

すぐ、現実に下りてくるから。


ちなみに、去年も同じくイメージングして念を飛ばしたら、2等が当たったんです。

ふだん、めちゃくちゃくじ運のない私。

2等だけでもスゴイ!

念が効いた!と思ったんですけど。

今年は念がさらに通りやすくなっているとみました。

来年は特賞狙います!?

2013年1月24日木曜日

奇門遁甲効果再び!

さて、奇門遁甲(きもんとんこう)についてのお話です。

セミナーでも質問のあった奇門遁甲。

「何派ですか?」

私は、第13代張耀文先生が昭和中期に広めたといわれる透派でやっています。


奇門遁甲に限らず、中国占術は、いろいろ派があるようですね。

何派は亜流だとか、○○先生こそ正しいとか、なにやら主張争い??があるようなのですが・・。

まあ、これだけ歴史があるものだと、伝わる間にいろいろと変わっても来るでしょうし、解釈の仕方の違いだとかもありますよね。

私は遁甲研究家ではないので、また四柱推命はかじった程度で詳しくないのでなんとも言えないのですが・・。

でも、効果のない開運術はやっても仕方がないし、信じてまったく違ったら嫌だし…と、私なりにいろいろ調べてはみました。

その結果、日本国内で代表的な派である透派をまずは試してみよう、というところから始めたんですね。

なにしろ、効果を自分で実感できないものは、オススメしないのがポリシー。

なんだか、やり方もいろいろらしいし、盤も違うのがあるらしいし、本当に効果があるのかしら…?

と、半ば半信半疑で始めたのですが。


最初に聞きかじりで始めてから約5年。

自分で方位を出して真剣にやり始めてから約2年半。

効果を検証してきたその結果・・・

やはり・・・・・・・

効く!!!!!

という結論に達しました(パチパチパチ)。


ま、今、その結論が出たわけじゃないんですけどね、前々から、うん、効果出てるなとは思っていたのですが。


そう、実は、12月23日の神遁×丁奇得使で北に行った効果が、どうやら出たっぽいんですよね。

神遁の効果は、わかりやすくいうと財運ですね。他人からの援助が期待できたり、物事が発展していく、事業が盛んになるという意味もあります。

丁奇得使は、文書や試験、知恵、勉強に関するラッキーですね。

日盤と時盤でこの二つの格が重なるのを狙っての旅行でした。


でもって、仕事で結果が出たようなのです。

今後の飛躍につながりそうな話が、1本の電話から・・・。

それがらみで、以前から「このセミナー受けてみたいなあ」と思っていた、ちょっと高額なセミナーを受講させていただけることにもなりました。

これ、すごくよさそうだなーと思います。


ちょうど2年前にも、丁奇得使が日盤でまわっているときに、同じく北に行ったんです。

そうしたら、帰ってきて1ヵ月後くらいに、突然、スピ系セミナーのメディアご招待の話が来たんですよ。

あれ、これが遁甲効果かな?と思ったんですけど、それにしては、効果としては小さいなあ・・なんて思ってたんですね。

セミナー料金数万円がかからなくて、ちょっとラッキーくらいだな、なんて。


そしたら、まあ、そのセミナーがすんばらしくて!!

行ったことで、私のエネルギーがすごく変わったんですよね。

それからその先生のファンになり、その後もたびたびそのセミナーに行っていたら、主催者の方と仲良くなり、そのご縁で自分の開運セミナーも開いていただけることになり・・。

また、そのセミナーでよい友達もできたり、人脈がすごく広がって、とにかく、たった1回のセミナーご招待から、話が大きくふくらんでいったんですよね。

ちなみにこのセミナーというのが、私がたびたびほめちぎっている、クレッグ・ジュンジュラスさんのもの。

今は、「あれはまさに遁甲効果だったな」と確信しています。


でね、このとき、初めての書籍の話も突然決まったんです。

遁甲効果、2つ出たなあ、セミナーと書籍。

丁奇得使は、文書や知恵に関することだから、セミナーであり、本だったんだなあ・・と。


そして、今回の話も、それに近いにおいを感じるんですよね。

これきたなー!と。

でもって、その話が来たのが22日だったので(ちょうど遁甲に行ってから1ヵ月後ですね)、その日に、一緒に行った夫にもいいことあったんじゃないかしら?と思っていたら・・・。

なんと、知り合いの社長から、40万円の時計をもらって帰ってきたんです。

その社長が持っていたものだけど、使わないからって。新品同様のかっこいい時計。

「ほら、遁甲効果出たじゃん!!!!」と、興奮していた次第でした。

その社長さまとは、今後もいろいろお付き合いをさせていただくようで、一緒に仕事をしていて、良い話にもつながりそうなんですよね。


ということで、やはり遁甲が効くことを確信した1日でした。
12月23日はみんなにもオススメしてたんですけど、どうだったんでしょうか??

今度、行った友達にも結果を聞いてみますー。

ではでは。

また遁甲効果が出たら報告しますね。

2013年1月23日水曜日

無料開運セミナー無事終了しました

こんにちは。

先日、1月20日に、「やっぱ、スピやねん」プレゼンツで、開運セミナーを開催させていただきました。

当日は、40名ほどの方に来ていただきました。

本当にありがとうございました!


もう、本当に大好きな「開運」の話、させていただけただけでもありがたかったし楽しかったです。

少しでもみなさんのお役に立てたらうれしいなーと思います。

この続きとして、3月と4月に、より詳しい開運実践編セミナーを予定していますので、ぜひみなさん来てくださいませー。

また詳しいお知らせは、このブログまたはFacebook、スピリチュアル・ブレスのメルマガからさせていただきます。

今後とも、よろしくお願いいたしますですヽ(*⌒∇⌒*)ノ

2013年1月17日木曜日

家入レオさん同様、光宗薫さんも凶方位に上京…

こんにちは。

先日、家入レオさんが2011年3月の五黄殺の重なる大凶時に、東京に上京してきた、という話を書きました。

でもって、芸能ニュースを見ていたら、体調不良で芸能活動をお休みしている光宗薫さんの記事がありました。

何気なく見ていたら…。

なんと、光宗さんも家入さんと同様、2011年にAKB48の研究生として活動するために大阪から東京に転居してきたよう。


ネットニュースには、いま、光宗さんは、精神的なダメージを受けて、まったく芸能活動ができない状況にある、というようなことが書かれていました。

これこそ、先日私が家入レオさんのところで書いた「最初はいいように見えて、それが原因でズルズル崩れて最悪な状況」だわと思い…。

光宗薫さんが上京した時期を調べてみました。

ネット情報しかないので、ソースはそれほど確かではないのですが、「2011年の夏」に上京したもよう。

当時、光宗さんは高校3年生ですから、きっと夏休みを利用したんですね。

となると、7月か8月。


気学で見てみると、光宗さんは七赤金星。

で、2011年7月の東の方位が…年盤五黄殺、月盤が一白の暗剣殺で大凶でした。

これかぁ…と思いました。


一白の凶効果は、悩む、ノイローゼになる、隠していたものが表に出る、というような意味。

で、五黄とは違って、突然身に降りかかる災難、という感じで来るんですね。

五黄が年月重なる3月よりは、凶効果が多少軽いし、暗剣より五黄のほうが出方が遅いので、家入さんより早く出たのかなあ?なんて思いますが…。

まさに、現在の状況を言い当てているのではないか…と思いました。


五黄・・最初はよくて、でもその良いことのおかげで最悪の状態になる。

一白の暗剣・・隠されていたものが明るみに出て(人気者になったのでいろいろ過去記事が出たり報道されて)、悩んでノイローゼ状態になる。


体調を崩されたのは、AKB48研究生を引退した2012年10月くらいからのようですが、たぶん、それ以前から苦しんできたのでは?と思います。


まだ18歳で芸能界に入って、いきなりあこれこれ言われたり、自分の価値評価を他人から判断されるようなことが続いたら、それは精神も病んでしまいますよね・・。

私が18歳のときだったら・・と考えると、もう絶対にあり得ないなあと思います。


でも、とてもかわいいしスタイルもいいし、負けないで頑張ってほしいなあと思います。

2013年1月16日水曜日

凶方位に上京!? でも頑張ってほしいな…家入レオさん

今日はなんと珍しいことに3回目の更新!

なんとも気まぐれ…。

いやなんか、1日に1回しか更新しちゃダメな気がしてて、明日書こう~と思ってたら余裕で1週間過ぎてたとかザラなので。

ダメとかないから!

てことで、思いつくまま、3回目の投稿です。

シンガーソングライターの家入レオさんについて。


昨年から連載の仕事があって、毎週、渋谷に取材に行っています。

その帰り、宮益坂の交差点のところにビジョンモニターがあって、信号待ちしながら、流れる音楽PVを眺めることが多いです。

ふだん、あまり音楽に興味がない私は、年齢とともに、知らないアーティストだらけに…。

そんななか

「わー、誰だろう、この歌手。すごいなあ。歌もいいし、うまいし、でも、まったく見たことない。こんなすごい子でも、なかなか売れないんだなあ、芸能界って大変」

なんて思って、すっごい印象に残っていた子がいました。

それが、家入レオさん。


なかなか売れないなんて…昨年のレコード大賞新人賞取ってましたね(汗)。

私があまりにも音楽番組とか見ないので知らないだけでした(失礼)。

でも、最初に見たのは「Shine」のPVで、確か、2012年の夏。

売れ初めていた頃、という感じでしょうか。


この家入レオさんがものすごーく気になる。

気になる点は、二つ。

一つは、ライフアップコーチ視点で、「開運」に関すること。

もう一つは、完全に個人レベルで。


夢を追いかけて東京に来て、まっすぐで、純粋で、一生懸命で、危うくて…。

そんなレオさんに、ものすごーく懐かしさを覚えてしまったのです。

かつて自分がそうだったな、って…。

先日18歳になったばかりのレオさん。

18歳ですよ!

私の子供と言ってもおかしくない年。

だけど、なんというか、共感してしまった、ブログを読んで。

18歳だった頃の自分に引き戻されてしまった。

わー、わー、わー、そうそう、私もこんなときがあったなあ、って。

うまく言えないんだけど、空気感というか…。

考え方、ものの見方っていうか…。

まっすぐだったなあ、不器用だったなあ、純粋だったなあ、と。


もちろん私はレオさんのように、17歳でデビューするような才能もなければ、高校生で単身上京するような度胸もなかったのだけど。

なんだかよくわからないけど、「これが家入レオさんかー」って、何の気なしにブログを読んでいたら、なんとなくそこに漂う空気感にやられてしまった。

なんでしょうね、涙が出てきそうになってしまった。

何が書いてあるというわけじゃないんだけど(失礼)。

そういう多感な時期、あったなって。

ただ、まっすぐで本当に本当の想いしかそこにはつづられてなくて、なんとなく心を打たれた。


だから、レオさん、頑張ってほしいな。

本当に心から思います。

これから大変だと思うけど。

いろんなこと、本当にいろんなことを体験していって、経験していって、転んで起き上がって、転ばない方法を自分なりに学んで、でもまた転んで…。

そうやって、大人になる。

ちょっとしたことで傷つかなくなる。

怖いことが少なくなる。

できなかったことができるようになる。

鋭く突き刺さるように感じたことが、鈍くなる。

強く、なる。

ずうずうしくなるともいう(笑)。

一人の人間としては、まだまだ人生これから。

頑張ってほしいです。

(ナニサマなんだ!?)


そして、「開運」視点からは…。

これあんまり書きたくないんだけど…。

上京した時の方位が…悪い…。

2011年3月に福岡から東京に来た、とプロフィールやらなんやらに書かれていました。

でもって、レコ大の新人賞も取ったし、東(福岡から東京の方位)は仕事運だし、これは大吉方位での転居でしょ!と思い込んで、調べてみたら…。

ななんと、年盤・月盤重なる五黄殺(ごおうさつ)の大凶方位だったのです。


そう、そういえば2011年は東が五黄で西が暗剣(あんけん)の年でした。

しかも、3月は月盤も同じ。


ええ~、なんでなんで?大凶なのに、なんでデビューができて、ヒットして、レコード大賞の新人賞まで取れちゃうの??

とお思いでしょう。

実は私も思いました。

方位のエネルギーはもう効かない世の中になったのか?

もしかしてそうかもしれません。

けれど、回っているのが五黄殺。

五黄殺は、初めはいいんです。

最初にいいことが起きて、しかし、それが原因でズルズルズルっと悪いことが起きてきて、もう、にっちもさっちもいかなくなる、という、大変怖い方位なのです。

たとえば、ある人は、かつて五黄殺に引っ越しをしたあと、大手企業を退社して起業をしました。

よーし俺も社長だ!とイケイケドンドン。

しかし、あっという間にうまくいかなくなり、借金を抱えてウツに…。

脱サラして社長になるまではすごくよかったけど、結局、それが原因で人生が暗転していったわけです。


私もかつて、アメリカのヴァージニア州を東北と捉えて、大凶の方位に1週間の旅行に行ったことがありました。半年のうちに2回も。

アメリカは東説と東北説と両方あって、私は基本的に東説をとっていたのだけど、そのときどうしてもヴァージニア州に行きたい用事があって、「やっぱアメリカは東北だわ」と、都合よくとらえて行っってしまったんですね。

初回の旅行は、東北だとしたら、九紫(きゅうし)の月盤吉方位。

東だとしたら、月盤は五黄殺、年盤は二黒で破(は)の大凶方位。

2回目の旅行は、東北だとしたら、年盤・月盤ともに六白(ろっぱく)で吉凶なし。

東だとしたら、年月重なる一白(いっぱく)の暗剣殺で大凶方位。


その後の人生は、徐々に下り坂に…そして、大暴落!!

まあ、2回も遠距離1週間の大凶方位を犯したので、どっちがどう影響したのかっていうのは複雑で、五黄殺だけの話ではないけれど。

でも、旅行から帰ってきて、会社にスタッフを入れたり大きくして、一見盛り上がって成功していったかのように見えたけど、結局それが原因で忙しくなりすぎて、しかも儲からず、最終的に家庭崩壊で離婚、経済危機にも見舞われるってね、感じになったので。

幸運のように思えたことが、不運の始まりだったという点では、五黄の影響も強かったのかなと思います。うーん、月盤だけだけどなあ…。

その崩壊の影響は、だいたい4年くらい強く出ましたね。


気学って諸説あって、伝統的な気学をやっていらっしゃる方は、アメリカは東北、ハワイは東と取ります。

年盤や吉凶の出方の考え方も違うようです。

私の方位学は、西谷泰人先生、コパ先生、李家幽竹先生の説に、自分や家族が実際に行って体感したものをミックスしたもの。

西谷先生は

「3泊4日以上の遠方への旅行は、8日目から年盤・月盤の影響が半々出て、1年半は月盤の影響が強く、1年半後からは年盤の影響が強く出て4年をピークに11年半続く」

とおっしゃっています。

まさにこのときのアメリカ旅行の2回の大凶方位は、この出方をしたなと思います。

東は基本的に仕事の方位なんだけど、まわっていた星が、五黄、二黒(じこく)、一白の凶。

二黒は家庭運、基礎や基盤、不動産運だし、一白は愛情運、夫婦運。あとは、秘密の恋とか金運ね。

五黄はいわずもがなの、崩れる、破壊、腐敗、崩壊の意味。

で、まあ、仕事が忙しすぎて(しかもやっすいどうでもいい仕事ね、コマネズミみたいに寝ずに働いて)家庭を顧みず、秘密の恋もしちゃって(成就せず)苦しんで、あげくに離婚。

買ったマンションを手放し、スタッフを雇ったおかげで会社は忙しいばかりでもうけが出なくてお金はどんどん流れていく…!

という、方位の意味通りの運気ダウンぶり。

凶方位の効果、おそろしや…。


まあ、とはいえ、このある意味「浄化」的な出来事は、私の人生において必要なことだったよう。

いったんすべてを手放して、新たに構築することが、さらなる飛躍や幸せにつながる。だから起きた必然なこと。と、捉えています。

起きるべきことだったからこそ、方位や開運をやっていて、知っているにも関わらず、あえて凶方位に行っちゃう、行かされちゃうんですよね。

人生の軌道を正したので、今度は間違って凶方位に行って人生やり直しになることは、もうないかなーと思っていますが…。


で、話が飛びすぎた。

家入レオさん。

五黄の大凶で東京に出てきたのに、順調そう。

これは、五黄の「最初はよくなるけど、それが原因でズルズル悪くなる」という効果が出るのではないか??と、不安に思います。

それとも、彼女のエネルギーはとても強いから、方位のエネルギーに負けないのだろうか?


そう、エネルギーが強くて、影響を受けない人もいるんですよね。

そうであったらいいなと思います。


ただ、とても感性が鋭くて、まっすぐで、純粋だから、これからドンドン歌手として売れていったら、いろいろ起きる、嬉しいことばかりではない出来事に、心が耐えきれなくならないかな、とちょっと心配です。

尾崎豊さんの歌に感化されたということですが、尾崎さんも感性が鋭すぎて、生きて行くのが困難だった人のようだから。

私は、尾崎豊さんの歌、15歳から42歳の今まで大好きですけど。

ちょうど15歳のときに、「15の夜」が流行ってたんですよね。

余談ですけど。


家入レオさん、小林幸子さんとあゆさんに引き続き、動向を見守りたいなと思います。

ではではー。



2013年1月15日火曜日

自分への手紙

書きたいことがたまっていて、仕事を優先させているとどんどん日にちが経ってしまうので…連続投稿です。

年末に、大掃除をしていたら。

なんと、2008年1月19日(土)の日付で、3年後の自分に宛てた手紙が出てきたんです。

「2011年1月19日の私へ」って書き出しで。

当時は、37歳ですね。

2回目の離婚を決意して、旦那さんにそれを伝えた直後、修羅場中の修羅場のなか、苦しい気持ちを抱えて書いたものでした。

一回封を開けて読んだ形跡がありましたが、もうすーっかり完全に忘れ去っていたもの。

なんだこれ?と開けてみてびっくり(笑)。


そう、私はときどき、未来の自分へ手紙を書くんです。

未来の自分だったり、未来の夫だったり、未来の二人だったりに。

最近はそういえばやってないけど。


それでね、何がびっくりって、そこに書いてあったことがほとんど、今の状況を言い当てていたんです。

私はこれこれこういうことをやっていく、って。

だから、いまは現世レベルでは、泣いたり、悩んだり、不安になったり、迷ったりしているけど大丈夫って。


当時は、まったく先が見えない、苦しいばかりの毎日だったと記憶しています。

せっかく積み上げたものを、またガラガラがっしゃんと壊して、いったい私は何をやってるんだと。

でも、それが自分にとって絶対に必要だっていうことは、魂レベルではわかっていて…。

だけどそれは、人には絶対に伝わるわけないから、バツニのダメ子ちゃんというレッテルを貼られても、しかたがないなーと思っていて…。

だけどやっぱり、人目は気になるし、実際、生活レベルはガックンと落ちるし、「魂レベルで信じてる」って言ったって、本当にそうなるかなんて、実はわからないし…。

もう、なんだかなあ、な毎日。

旦那さんを傷つけている自分が嫌で…。

住み慣れた家を出て行くことや、それを周りに伝えることや、37歳にもなってもう一回人生やり直すことや、そんなこんなが心の底から億劫で…。

だけどやっぱり自分を信じるしかなくて。

この選択以外あり得なくて。


いま、あれからちょうど丸5年が経って、本当に思っていた通りになれてます!!

3回目の結婚をして、旦那とワンコとほのぼの幸せに暮らしてます。

やりたかった仕事をようやくスタートさせることができて、それがなによりの喜び、充実感。

どこをどう歩いてきたか、忘れてしまったけど…。

5年前の自分だって、どういう道筋を通ってここに至れるかなんて、わかっていたわけじゃないけど…。


ちょうどまさに5年後、ライフアップコーチとしてワークショップをやってるなんて、あのときの自分では考えもつかなかったこと。

そういうことをやりたいと思っていて、みんなに幸せを伝えたいとか、希望を与えたいとか思っていたけど、当時はむしろ自分がどん底(笑)。

大丈夫、必ずそうなるから、なんて、あの状況でよく言えたもんだと。

まあ、思い描く理想にはまだまだなんですけど。

でも、とっかかりはつかめたかなって思っています。

当時は、とっかかりの「と」の字もなかった(笑)。


5年の歳月って、大きいですね。

5年後の自分は、何をしているだろう?

何ができているだろう?

今やりたいと思っていることができていたらいいな。
 

いま、もし苦しみの中にいる人も、5年後は、きっと笑えていると思います。

それ以前より、ずっとずっと幸せになっているはずです。

私は、5年前の自分に、そう言ってあげたいと思います。

大丈夫だよ。

ものすごーく幸せになれているから、って。

あなたが信じた通りになっているからって。


だからみんな、希望は捨てないで!

幸せな未来を信じましょう 

(o^∇^o)ノ

開運術って、本当に効くんです

こんにちは。

この三連休、1月20日に行う無料開運セミナーの資料作りをしていました。

まだ途中なのですが、改めて「運」というものについて考えさせられました。

やっぱり…

開運術って効くんです!!

本当に、思い込みじゃなくて。

おもしろいですねー本当に。

というのも、セミナーの冒頭でお話しさせていただこうと思っている、3人の開運例を改めて見ていたんです。

そうしたら、顕著でした。

運気の上がり方が。

セミナーでもお話させていただこうと思っていますが、運って即座に上がるわけじゃないんです。

開運をしたから、明日から奇跡のようなことが続々起きる!なんて、あるわけありません。

やはり、現実世界はいろいろなしがらみがあるし、時間という縛りもあるし、行動しなければだし、時間はそれなりにかかります。

船が向きを変えるときに、「面舵(おもかじ)いっぱーい」と必死に舵を回して、ゆーっくりUターンするのと同じ感じです。

だから、自分自身ではあまり気がつかないかもしれません。

でもね、やっておくと、3年後が確実に違います。
やり続けて行くと、どんどんよくなります。

今回セミナーでご紹介する3人は、開運を始めて半年の方、2年半の方、7年の方。

それぞれの進捗を比べてみたら、明らかでした。

「開運する」って聞いちゃうと、神がかり的に悩みが解消されるとか、びっくりするようなことが起きるとか、つい期待しちゃいますよね。

よくそういうふうに謳ったあやしい(笑)商品も売っていますし。

だからこそ、2~3ヵ月くらい経って状況が大きく変わらないと「何も変わらないじゃん!!」と怒りたくなるかもしれません。

インチキだとか、あの人には効いたかもしれないけど、私には効かないとか。

そこで「やっぱね、効くわけないと思ってた」とやめてしまうと終わりです。

開運術は、手術じゃないのです。

いってみれば、漢方薬やサプリのようなもの。

じわじわと効果が出てきて、体質改善をするからこそ、しっかりと人生に根付くのです。

だから、あまり期待せず、ゲン担ぎ程度な期待感で、ゆる~り続けていってほしいなと思います。

あまり詳しいことは書けませんが、お話しようと思っている内容は、下記になります。


【開運セミナーの内容】
●あべけいこがどうやって自分の人生を、最悪な状態から幸せいっぱいに変えたのか…人生グラフを使って解説
●あべけいこが開運サポートをして運を開いた人の実践例をご紹介
・破産寸前から起業、年収3倍アップ30代男性 
・生活に追われる日々から毎年1回海外旅行に行き悠々自適に暮らせるようになった60代女性
・無理と言われた男性と両思いになれた40代女性
●運とは何か?
●不運を招く要因
●運を上げる3つの大事なポイント
●実践、開運術
●運の上げ方についての質問コーナー

運を徹底的に整えて、それから現実的な努力をする。

そうすれば結果が、ただ努力するより確実に違います。

人生は思い通りに生きられるんです!

それを、ぜひ、みなさんにお伝えしたいなと思います。

どうぞ、ぜひ遊びに来てください^^

2013年1月7日月曜日

最大のブロックがはずれた件(続)

前回のブログの続きを書きます。

2012年の年末、渋谷の百貨店で唐突に始まった、前世のヴィジョン…。

置き屋の娘だったときの悲しい過去世。

見えてしまったものは、生まれたばかりの赤ん坊。

できてはいけない赤ちゃんができてしまった。

真っ赤な顔をして泣いている。

最初のヴィジョンで見た男の人の手の中で。

その男の人は、どうやら置き屋の使用人というか用心棒というか、そこで働いている男衆のよう。

そして、赤ちゃんは、その人の手の中で、弱って死んでいく…。

わざと、見殺しにされた。

次に見えたのは、小さな木箱。

赤ちゃんは死んで木箱の中に入ってしまった。

そのときの、苦しさ、悲しさ、罪悪感、そんなものが映像とともによみがえってしまい、駅のホームで泣けて泣けて仕方がなかった。

赤ちゃんをこの手に抱きたかった。

愛情を持って育てたかった。

私の赤ちゃん。

でも、許されない。

弱って死んでいく、その姿。

申し訳なくて、情けなくて、自由のないこの身を呪った。

ごめんね、ごめんね、ごめんね…。

誕生を、素直に喜びたかったよ、心から…。

そして、誓った。

私は、絶対に絶対に絶対に、二度と妊娠しない。絶対に、赤ちゃんを産まない。

そして、自分を許さない、決して…。


穴口恵子さんのセッションを受けたときに、子供を犠牲にしてきたたくさんの過去世が現れたことがあった。

アステカで子供をいけにえに捧げた過去世。

大奥で世継ぎを産んだが勢力争いで子供の時に殺されてしまった過去世。

ジプシーだったとき、赤ちゃんを置いて歌い踊っているうちに、何者かに誘拐されてしまった過去世…。

そのために、「私は子供を犠牲にしてしまう」「子供を幸せにすることができない」「子供を責任もって育てることができない」と決め込んでいる。

「だから、子供を持たない」

そういう契約ができている、と。

顕在意識では子供がほしいけれど、潜在意識では、子供を持つことを拒否している。だから、子供が授からないのだと…。

すごく納得したセッション。

しかし、これに関係する最大のブロックは、この過去世の体験だと思った。


そして、私に以前からある、根深い、かつ理由のわからない「罪悪感」。

「自分だけは許せない」「私は幸せになってはいけない」という思い。

そのため、無意識のうちに自分を罰する行動に出てしまう。

ワーカーホリックになってボロボロになるまで働いたり、自分を傷つける人ばかり好きになったり、人にひどいことや理不尽なことをされるとホッとしたり、安定した幸せな状況になるとぶち壊す行動に出たり…。


このよくわからない行動、自分を許せないという思いに、「罪悪感」という名前がついて明確になったのは、本当につい最近のこと。

そうか、私がずっと持っていたのは、自分に対する罪悪感だ!と。


だいぶ前から、この「罪悪感」を取り除くために、スピリチュアルなワークを続けてきた。

「幸せになりたくない」という潜在意識を変えるために。

顕在意識の私は「幸せになりたい」と思っている。でも、潜在意識の私が幸せになることを拒み、苦しい状況を自分に与え続けている。

そんな人生を変えたくて、ずっとスピ探求をしてきた。

エネルギーワークや、ヘミシンクや、ヒーラーによるヒーリングや…。

そんな自分に気がついて、ワークを始めてもう7年にもなる。

だいぶ解消された!よくなった!幸せを自分に許せるようになった!と思っていたら…!

親玉が、最後にお出ましになったという感じです。


そして、この過去世を見ているときに、胸の中心、第4チャクラがずっと引きつるように痛かった。

セドナのヒーラー、クレッグ・ジュンジュラスさんにここのところずっとブロックはずしをお願いしていたが、昨年の春頃「第2チャクラにはずれる準備のできたブロックがある。第4チャクラにも大きなブロックがあるけど、それはまだ(はずれる)準備ができていない」と言われたことを思い出した。

いま、このブログを書いていたら、第4チャクラがまたうずき出している。


この、前世で赤ちゃんを見殺しにした絶望的な自分を、ヘミシンクのリトリーバルの手法で助け出してみた。

よくわからないけど、うえに上げてみる。

たぶん、解放できたと思う。


そのせいか、それからサイキックが見えやすくなった気がする。

それともこれは、アセンションエネルギーのせいなのか??

相変わらず、見えているものがなんだかわからず、最初はもどかしい気持ちになるけれど、過去世の映像なんかは、場面展開のスピードが少し早くなった感じがする。

見えているものがなんだか、どういう意味があるか、ズバッとすぐにわかったら、本当にもっとたくさんの人に役に立つのになあ…と思うのですが…。

穴口さんのように。
クレッグさんのように。
恒美麗子さんのように。

まあ、私は私のやり方で、やるしかないかなーと思っていますが…。


そうそう、もうひとつ、すげーと思ったこと。

この置き屋の娘の過去世を、以前、ヒプノセラピーでも見たことがあるのですが、そのとき、格子窓の向こうに愛しい男性が見えていて、「私はこの格子窓から外に出られない、愛しい男性と愛し合い家庭を築くこともできない」と思っている自分を体験しました。

そうしたら、今調べてわかったのですが、遊女って(ランクにもよるようですが)、格子窓の内側に並んでいて、外に顔を見せていたんですね。

格子窓!

だから、格子の向こうの自由な世界を諦めと投げやりな気持ちで見ていたんだ!

遊女は格子窓の前にいるなんて、まったく知らなかったから、見えた映像が自分の想像じゃなかったんだ…と思えて、軽く衝撃でした。


まあ、そんなこんなで、大きなブロックがはずれて、より頑張ろうと思える、2013年初頭のわたくしでした。

今年もどうぞよろしくお願いします~^^

2013年1月5日土曜日

最大のブロックがいきなりはずれた件

昨年の12月21日が、アセンションのピークポイントだといわれていたというか、私自身はそのように理解していたのですが、その周辺で、エネルギーの流れが本当に変わったな!と、感じています。

エネルギーが見えるわけではない私。

感じることはできるけれど、それもいつもいつも注目しているわけではない。

だから、「あっ!今変わった!」とか、はっきりわかったわけではない。

「すごいエネルギーが今日は降りてきてるわ」なんてわかるわけでもない。

でも、何かが違う!それはわかる。

何かが起きている…!

これから、本当に、もっと今まで以上に目に見える形で、世の中の現実がどんどん変わっていくんだろうなということを感じます。

そして、おお!すごい、何かが起きたんだ!なんだかよくわからないけど、何かが起きた…という、シャスタに行った時と同じような、理由のわからない変化の感じを証明するような出来事を、一つ、年末に体験したのです…。

それは、個人的には、ものすごく大きなこと。

ある意味、ここ十数年のスピ探索の集大成と言ってもいいことかもしれない。

突然、唐突に、自分の前世のヴィジョンを見たのです。

今の自分に大きな影響を与えていて、「どうして自分はこうなんだろう?」と、以前から不思議でもあり、変えたい、よくしたい、とずっと思ってきたこと。
それに関係することでした。

年末、渋谷の百貨店にまつげエクステに行ったのですが、施術が終わって起き上った瞬間…。

ふっと、前世のヴィジョンが見えたのです。

それは、前から自分でも知っている、置き屋の娘だったときの前世でした。

自由がなく、好きな人と愛し合って家庭を築くこともままならない、籠の中の鳥の悲しい前世。

この前世のせいで、私は好きな人と愛し合い女性としての幸せを全うすることができない、という思い込み、ブロックができていたことはわかっていた。
解放していたと思っていた。

解放された部分もあったのだけど、全部じゃなかったよう。

パッと見えたのは、日本家屋で庭側から畳の部屋が見える少し高い目線。

なぜか、頭はきれいに結ったままだけど、素っ裸の私がいる。

最初は「温泉?」と思った。

露天風呂付きの和風の部屋にいるのかと思ったのだ。

そして、黒っぽい着物を着た、長いザンバラ髪を一つにまとめた、風体のよくない男の人が見えた。

同じ部屋にいる感じではなく、ただ、その人が見えた。

最初に見えたのは、このワンシーンだけ。

お店でお会計を終え、帰宅しようと駅に向かう。

その途中、先ほどのヴィジョンの続きを見ようと意識を集中した。

何か、こんなヴィジョンが急に見えてきたのには、理由が絶対にあるからだ、と思ったのだ。

ホームで電車を待ちながら、じーっと画面が動くのを見ていると…。

わかってしまった…。

見えてしまった。


…そしてここで時間切れ(今現在の話)。

これから出掛けなくてはならないのでした。

続きは、帰ってきてから書きますー。

2013年1月3日木曜日

新年の誓い

あけましておめでとうございます!

ついに2013年が始まりましたね。

アセンションの最中、大変化中の地球。

まだまだ変化は続いていきます。

今年はさらに人々の意識の変革が顕著になるでしょう。

ポジティブな人はよりポジティブな人生を、ネガティブな人はさらにネガティブな人生を…送りやすくなる、二極化が進む年。

意識や言葉がこれまで以上に現実化されやすくなり、そのスピードも速まります。

いつもハートでものごとをとらえ、すべてを投げ出して、明るく楽しく幸せなことに意識をフォーカスしていきましょう(^-^)/


そんな理屈とは関係なく、ふとさっき思ったこと。

よーし、今年はとにかく幸せに、よりいっそう幸せに生きるゾ!

ということ。

どうしたらハートが「幸せ」「嬉しい」と思えるか、ということを意識し、ただ「幸せに生きること」だけにとにかく注力することにしました。

迷ったら、判断の基準は「どっちが幸せか」「どっちが楽しいか」。

「成功するためには…こんな努力する」とか「お金を得るためには…これをする」とか「誰誰のために…これしない」とかの考えは一切やめ。

ハートが、やりたい、楽しい、幸せ、と思うことだけ!!をしよう!と、本当に突然思ったのです。

なんか今まで結局なんだかんだ言っても、「これをしないと人に迷惑をかけるから」とか「成功するためにはこれをしなくちゃ」とか、頭で考えてばかりだったなあ…と。

「心の感じるままに!」とか、「自分の心に聞きましょう!」なんて、人に言いながら…。

なぜなら、やはり、自分の人生に執着??があったから。

仕事で成功したいとか…やりたいことをやりたいとか…夢をかなえたいとか…いい生活がしたいとか…そんな、欲があった。

もちろん、今だってあるけど、なんというか、そのために必死になることが、それを得られることにつながるわけじゃないんだなと、ふと理解できた。

まあ、本当のところは、そんな風に理屈で思ったわけではないのですが。

なんというか、人生短いな。あとたったの40年しかない!と思ったときに、なんだろうなあ、結局どれだけ「幸せ!」「楽しい!」と思えたかどうかだなーって思った。

そして、突然、自分の人生を信じられた。

すべてを投げ出して、コントロールしようとしないで、ただ「幸せ」「楽しい」「嬉しい」を追求して生きる…。

そうすれば、今頭に思い描いている未来は、すべて現実になるんだ、って思えた。

それが、私が私の人生を生きることなんだ…。

投げやりに生きるわけじゃない。

人任せに生きるわけでもない。

ただ、投げ出す。流れに任せる。コントロールしようとしない。それが、私の人生の最善を生きることにつながるんだなあって、パチッと理解できた。


以前・・子供のころから大好きだったスピリチュアル(子供時代はオカルトや不思議現象、大人になってからは精神世界)を、子供だったから夢見てた幻想の世界だったんだ、分別のつく大人になったからもっと現実を見て生きなくちゃって思っていた時期があった。

そこから再びスピに目覚める出来事があって、そのきっかけの一つともいえる書籍に、森田健さんの『ハンドルを手放せ』があった。

そこには、「川を下るときに、オールのついたカヌーより、何もないタイヤのほうが速い」という話が出ていて、同じように、ハンドルを手放して生きることが、その人の人生の最善をスムーズに生きる方法なんだ、というような話が書いてあった。

当時の私は、どうしてもその考え方を理解することができなかった。

ハンドルを手放してただ流されて生きるなんて、努力を放棄したイージーな生き方じゃないのか?

そんな生き方では、何も成し遂げることができないんじゃないかとか、学べないんじゃないかとか、人生を有意義に生きられないんじゃないかとか…そう思えて仕方がなかった。

少なくとも、私自身はハンドルが手放せなかった。

手放したほうがいいって書いてるけど…そうなのかもしれないけど…私はできないなあと思っていた。

頑張らなきゃ。努力しなきゃ。我慢しなきゃ。

ずっとそれでやってきた。

なんだかそれが、ようやく…腹落ちしたというか…手放すことの意味がわかった!と思えた。

そうか、ハンドルを手放すって、こういうことか!と。


2013年は、ハンドルを手放します。

そして、意識は常に「幸せか」「楽しいか」「嬉しいか」。

もちろん、苦しかったりムカついたり悲しかったりする瞬間も訪れると思う。

だけど、私自身は「なるべく幸せでいる!」と決意する。

すると、瞬間瞬間、「どっちが幸せ?」「どっちがしたい?」と自分に聞ける。
幸せな選択をすることができる。

そうやって意識を「幸せ」に向けていけば、これまで以上に幸せでいられる時間が増える。

努力とか、嫌なこととか、やりたくないことは、なるべくしない!

そんなことを決意した、2013年の新年でした!!


みなさんも、瞬間瞬間「幸せ」「気持いい」「楽しい」「嬉しい」を選択して、もっともっと幸せになりましょう~!