ワークショップ・ツアー予定


新しいブログはアメブロで更新しています。 コチラ⇒http://ameblo.jp/happy-abekeiko/

《あべけいこの活動一覧》
★LINE占い★専属占い師として番組公開中 『愛叶える天使占い』はコチラから♪
★Facebookファンページ『ライフアップコーチあべけいこの幸せのタネ』 イイネはコチラから♪
★メールマガジン★『あべけいこHappy通信』 登録はコチラから♪
★Instagram★不思議写真、パワスポ写真公開✨ 登録はコチラから♪

ワークショップ、ツアー情報はコチラから♪

2012年10月16日火曜日

シャスタ山 その3

シャスタ山の4日目!
明日は帰るので、もう最終日です。早い~(涙)
今日は雲が多かったな。


本日は、私がどうしても行きたかったパンサーメドウズへ。
こちらはトレイルの入口です。
シャスタ山を少し車で登ったところにあります。



パンサーメドウズまで、野原と林の中を抜けていきます。
今日も光がきれいです。



野原の途中でパチリ。
この野原の先に目指すパンサーメドウズがあります。



ついた! これが聖なる湧水。
とても神聖なので、触ってはいけないのだとか。
ここは元々ネイティブアメリカンの聖地で、
セントジャーメインがパンサーの姿になって現れたという伝説から
「パンサーメドウズ」と呼ばれるようになったのだそう。



湧水から小川が流れだしています。



この岩でしばし瞑想。太陽の光がまぶしい!
静かです。
ときどき鳥の鳴く声と、ハチがうなる音が聞こえるだけ。



パンサーメドウズから車を停めたところまで戻ってきました。
と、ラビリンスが!
もちろん、やってみました。無事中心に到着。



ここでランチ。
オーガニックのお店で買ったキッシュを食べました。
ハチがまとりついてすごかったよ。 



お次は、プルトケーブです。
その入り口付近の原野。
白っぽく見えているのはセージですって。



こちらの崖を降りて行きます。
懐中電灯装備です。



洞窟の中は暗~い。深~い!!



洞窟のなかほどから入口を振り返ってみました。



途中、ぽっかりと天井に穴が。光が降り注ぎます。
ここでネイティブアメリカンが儀式を行っていたのだとか。



洞窟の中、上から光が差す場所。



真っ暗な中にオーブがいっぱい。
なんともいえない不思議な空間でした。
精霊たちがたくさん棲んでいるんですね、きっと。



本日は夜にジュディさんによるファイヤーセレモニーがあります。
ジュディさんとリチャードさんの住むシャスタ山ふもとの牧場へ。
羊さんが!



ジュディさんとリチャードさんの住む住居。
すごい! ネイティブアメリカン的??
まさに自然と一体化した生活です。



日がだんだん暮れてきました。



ここで生まれ変わりの儀式をやります。
新しい生活を誓います。
神聖な場所なので、写真はストップです。



セレモニー後、ジュディさんとリチャードさんの家の居間
(といってもテントで四方はすだれと布がかけてあるだけの
オープンなエリアです)でマフィンとクラッカーをいただきました。



外は真っ暗。
焚火を炊いて、ランプをともして…贅沢な時間です。

本日も濃いメニューでした。


そして明日は朝7時にホテルを経って一路日本へ!

短かった~。あっと言う間だった!

帰りの車の中で「本当にあっという間だったなあ~」と何気なく口にしたとたん、涙が出てきてびっくり。
泣いてしまいました。

表側の私ではない、内側にいる誰かが泣いているようです。
なぜ泣くの??

これには本当に驚きました…。

でも、またすぐ来るよ、シャスタ!

街も散策してないし、3日じゃあ短すぎる…。

でも、いいのだ。

来れたことに感謝!!!

本当にすべてのありとあらゆるものたち、人たちに、心からありがとうございますという気持ちになったシャスタでした。

幸せだった~~~~~~。
 

2012年10月15日月曜日

シャスタ山 その2


シャスタ山の3日目!
美しく晴れた空には飛行機雲が!
思わず写真を撮ると、太陽の光が伸びてクロスに。



本日のメインディッシュはハートレイク。
こちらはその手前にあるキャッスルレイクです。
ここから45分間ハイキングしてハートレイクを目指します。



しかし、キャッスルレイクも本当に美しい。
十字架が…。神々しいで。




このキャッスルレイクで30~40分くらいのんびり。
あまりの美しい景色、光の輝き、日差しの暖かさ、しんとした静けさ、時折聴こえる鳥のさえずり…そんなものたちに深く感動。 
そして、ちょっと素敵なスピ体験。宝物のような時間を過ごしました。


 

45分間山登り!の険しい道のりはカット。
ハートレイクに到着です~。
この時期は水が少ないんだって。ちょっと枯れ気味。
後ろにシャスタ山を望んだベストショットです。



ここも光が美しい。



ガイドのジョディが、「水に足をつけるとつながりやすいわよ。エネルギーのバイブレーションが上がってくるの」というので、ブーツを脱いで浸してみた。
うん、確かに柔らかい感じ。でも、冷たい!



しばし瞑想。



ちょうどハートのくびれにある岩に寝転んでみる。
真上には美しい雲!



シャスタ山がちょっと切れてるのが残念だね。 



帰りもまたハイキング。でも下りだから楽ちん。 



シャスタ山をバックにパチリ。



上から見下ろすキャッスルレイクも美しい。



ホテルに帰る途中に寄ったヘッジ・クリック・フォール。
ちょうどいいサイズに思わず滝行したくなった!?

本日はこれにて終了~。


とにかく、キャッスルレイクとハートレイクのエネルギーの素晴らしさと強さに感激。今でも目を閉じると、頭の上に白くきらきらと輝くなんともいえず神々しい光が見えます。

「ハートレイクで起きる出来事に注意してごらん」と、昨日ガイドに言われたのだけど、岩の上でほとんど意識をなくしていて、何も覚えていない…。

むしろ、キャッスルレイクですごいことがありました。

それと、こちらに来て、うとうとしていると、英語で話しかけられるの。
なんで?

昨晩は「Can you connect?」と頭の中で声がしてハッと目覚めた。

「はい? はい、つながれますけど、何か?」

あわてて答えてみたけど、それ以来応答なし。

頭の中で、へたくそな英語で

「英語できないから日本語か言語使わない交信にしてね」

って言ったみたけど、シーン。幻聴だったのだろうか…。

あとはね、日本語で

「みんなの(たくさんの人の?)エネルギーを変えて来たけど、あなたは……」

そこでハッと意識が戻って、ちょっと待って、続きは? 肝心な「あなたは……」の先が聞き取れなかったよ??


そんなこんなで、明日は、新月のファイヤーセレモニーです。

新しい自分に生まれ変わる儀式です。

私は決めた!

キャッスルレイクとハートレイクで過ごした宝のような1日を、”特別な日”でなく、日常にする!

そうなるべく、未来を設定します!!!

ではでは、また!

みなさんにもたくさんの幸あれ!

シャスタより愛をこめて…。

シャスタ山に来ています!




なんと!

アメリカ屈指のパワースポット、シャスタ山に来ております♪


仕事が超多忙な中、かなり無理やりな感じで来てしまいました。

しかし、最高です!

やはり、仕事は仕事。人生ではないのです。楽しまなければ!!!

来週死んだらどうです??

仕事必死にやってひーこら言って死ぬか、天国のような1日を体験してから死ぬか…といったら、やっぱり後者ですよね。

みなさんも楽しみましょう!!!

とかいいながら、シャスタ山でもしれっと時差を利用して仕事してるんですけどね。

こちらの16時が、日本の翌日9時。

観光から帰ってくるとちょうど、日本のコア働きタイムなので、深夜まで仕事です。

一人旅はこういうことができるからいいね。

でもって、旅を忘れてしまわぬように、覚え書き程度にブログを書いちゃいます。


まず1日目…は移動日なので省きます。

日本を16時に出て、その日の18時にシャスタ山着。14時間の長旅だったわ~。
サンフランシスコからレディング空港までの乗り継ぎの間で飛行機が2時間も遅れて、搭乗口近くのベンチで眠りこけてたら、置いていかれる寸前!
いかついオジサンに「ハロー!?」と起こされて、びっくり、でした。

でもって、2日目。

まずはJot Dean Caveへ。


突然現れた洞窟の中を、ツアーのみんなで降りて行きます。



降り切った先には、なんと氷が! 1年中凍ったままで溶けないのだとか。確かに、空気は外と打って変わってひんやり。ていうか、さ、さむい~!!



洞窟の中から入り口を写してみたらこんな感じ。入口がややハート?


ふわーっとやわらかな光が降りてきている感じです。



それからメディスンレイクへ。光がキレイ! 今日は少し雲が多いね。木の切り株に座ってしばし瞑想。光がたくさんはじけている感じがしました。


お次はバーニー・フォールへ。バーニー・フォールズ・メモリアル州立公園の中心にある、カリフォルニア一美しいと言われている滝です。小道をどんどん下っていくと、美しい大きな滝が出現! さすが場が良いのか、光がきれいです。



水しぶきなのかな、オーブなのかな。ちょっと玉が大きいのはたぶんオーブと思われます。たくさん飛んでるね。左下のピンクの玉ちゃんはなんだろう・・・?



ちょうど、滝が降りてくるところに太陽の光をキャッチ。美しいです! 左下のは、天使、あるいはフェアリーがピンクの玉を持っている様子にも見えますね。



こんな神々しい写真も撮れちゃったりして。
 うん、やっぱりすごいぞ、シャスタ山。


本日の探索はこれにて終了~。

エネルギー負けしてしまったのか、帰りの車の中で爆睡。宿に戻ってからもまったく起き上がれず、夕方から夜中まで眠りこけてしまいました。


3日目に続く…。

2012年10月4日木曜日

奇門遁甲効果があった!

前回このブログで書いた、気学&奇門遁甲効果、ありました!

臨時収入が入ってきました!

いや~、本当にすごい…。ありがたいことです。

これはおそらく、気学と遁甲のダブル効果と思います。

まず気学。

GWに、夫と夫の母と3人で北海道に行きました。

北海道も、札幌から右側は、東京から見ると東北方位。しかし今回は、夫とおかあさまの吉方位をあわせて北に行ったのです。

ちなみに私は吉凶なし。

北には年盤で二黒が、月盤で八白がまわっていました。
これらの方位・星から考えると、方位効果は財運、大きなお金や不動産、変化、子宝、家庭運、などです。

だいたい、国内の開運旅行だと、3か月目に膿出しがあり、4か月目にいいことがあることが多いですね。

ちょうど3ヵ月後の8月、夫は仕事がいろいろ大変で、とくに北と八白の表す膿出しが顕著に出ていました。

北の膿み出しは、部下や目下とのトラブルや悩む、ノイローゼになる、お金がどんどん流れていく、など。
取引先の請負会社のミスや遅延で大トラブルが発生し、てんてこまい。いろいろ悩んでノイローゼ寸前、のような感じでした。

また、八白の膿み出しもあって、ものごとが滞ったり、方向性が変わったりもしました。

一方、おかあさまのほうにも膿み出しがちょうど3ヵ月後に出ました。
親類と家屋に関するちょっとしたもめごとがあったんですね。それで少し悩んだりもしたそうです。

八白は親類縁者を表しますし、不動産も表します。同じく二黒も不動産や土地家屋を表します。悩みは北の象意。やはり、ばっちり方位の効果が出ていることがわかります。

そして、9月。
八白と北の効果が表す「財」が入ってきたのです。
子宝にも恵まれそうな気配。
ありがたいことです…。


奇門遁甲では、7月29日に飛鳥跌穴(ひちょうてっけつ)の格が日盤、時盤ともに回っているときに西に行きました。
飛鳥跌穴は、ワンチャンス。大きなチャンスが得られるという格ですね。

私がこれまで奇門遁甲に行った中では、一番飛鳥跌穴がはっきり効果が出るな、と感じます。
なにしろ、ギュッといいことが凝縮されて起きる格なので、体感しやすいんでしょうね。

同じく大吉といわれている青龍返首のほうは、あまり吉効果を実感できないです。
青龍返首の場合、じわじわ効く格だからのようですが…。
気学で言うと、二黒みたいな効き方なんでしょうね、きっと。気が付いたらよくなっていた、みたいな。

しかし、奇門遁甲には即効性を求めたいので、やっぱりすぐにわかる効果が出るものがいいですね。

ちなみに、姉夫婦もこの日、同様に西に出かけましたが、やはり臨時収入が入ってきたそうです。
なにがしかの還付金がウン十万円あり、夫のご両親に引っ越し祝いでちょっと良い額のお金をいただいたそうです。

そういえば、過去を振り返ってみたら、試験運や学、知識によい吉格をとったあと、とんとん拍子に出版の話が決まったしなあ…。

まだまだ研究中の奇門遁甲ですが、やはり効果があると感じます。

気学でも吉方位を取りつつ、奇門遁甲も組み合わせていくと、より開運が加速していくのではないでしょうか??

10月は気学で吉も凶も2倍になる旅行月。
みなさんも、ぜひ吉方位へ~^^
(吉方位は、ドニッチのコラムで書いてますので、ご参考に)

奇門遁甲の吉方位も、コラムのほうで随時お知らせしていきますので、ぜひ実行されてくださいね。

ではでは、また。